【カールシュミットモニターの生態!】飼育方法や値段等5つのポイント!








 

みなさんこんにちは。

本日は、カールシュミットモニターの生態についてまとめていきたいと思います。

 

ちなみに英語の名前では、「Peach Throat Monitor」と呼ばれます。

 

また、「Varanus jobiensis」と呼ばれることもあるそうですが、こちらは学名ですね。

 

今回はカールシュミットモニターについてのポイント、

①カールシュミットモニターの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②カールシュミットモニターが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
③カールシュミットモニターの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
④カールシュミットモニターの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑤カールシュミットモニターの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

以上5つの点についてお伝えします。

まずは、カールシュミットモニターの写真をお見せします!

 

カールシュミットモニターの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

見本のような桃喉 #peachthroatmonitor #varanusjobiensis #カールシュミットモニター #monitorlizard

Kenjie Mukai🇯🇵(@muttiensis)がシェアした投稿 –

カールシュミットモニターは、和名でモモノドオオトカゲと呼ばれます。

 

喉元が桃色に発色するのが特徴です。

英名のピーチスロートモニターと呼ばれる由縁にもなっています。

 

成長するにつれてだんだんと薄くなっていく傾向にあります。

 

次に、カールシュミットモニターの最大の大きさと寿命をお伝えします。

 

カールシュミットモニターが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

 

カールシュミットモニターは、約100cm~120cmほどに成長します。

尻尾が長いのが特徴です。

体の半分以上は尻尾になります。

 

体はスタイリッシュでスリムな体系なのであまり思っているより大きく感じません。

 

次に、カールシュミットモニターの飼育方法をお伝えします。

 

カールシュミットモニターの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

 

カールシュミットモニターは、半樹上性の傾向にあります。

爬虫類用の専用飼育ケースなどで飼育することが可能です。

 

起きて活動するときは木の上に、休むときは下にいるという感じです。

 

水を好むので体が入るような大きめの水容器を準備してあげましょう。

ホットスポットライトなどは外につけてあげましょう。

 

動き回りライトに登って火傷などケガする恐れがあるためです。

ケース内には流木なども準備しましょう。

 

次に、カールシュミットモニターの餌やりについてお伝えします。

 

カールシュミットモニターの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

カールシュミットモニターのきなこさん #カールシュミットモニター #Varanusjobiensis #大蜥蜴 #爬虫類

肉の楽園(@rounoleyuan)がシェアした投稿 –

 

幼体時には昆虫をメインに与えましょう。

デュビアを好む傾向にあります。

 

成体になるとピンクマウスやウズラを与えましょう。

 

成長するにつれて昆虫を食べなくなることもあるようです。

オオトカゲはカルシウム不足になるとクル病の原因になりますので、普段の食事から適度にカルシウム剤を塗布して与えるようにしましょう。

 

最後に、カールシュミットモニターの販売価格をお伝えします。

 

カールシュミットモニターの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

カールシュミットモニターは、約4万円から販売されているようです。

決して安くはありませんが、喉元の桃色の発色が綺麗で人気の個体です。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

カールシュミットモニターのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①カールシュミットモニターの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

カールシュミットモニターは、和名でモモノドオオトカゲと呼ばれます。

喉元が桃色に発色するのが特徴です。

英名のピーチスロートモニターと呼ばれる由縁にもなっています。

成長するにつれてだんだんと薄くなっていく傾向にあります。

次に、カールシュミットモニターの最大の大きさと寿命をお伝えします。

 

②カールシュミットモニターが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

カールシュミットモニターは、約100cm~120cmほどに成長します。

尻尾が長いのが特徴です。

体の半分以上は尻尾になります。

体はスタイリッシュでスリムな体系なのであまり思っているより大きく感じません。

 

③カールシュミットモニターの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

カールシュミットモニターは、半樹上性の傾向にあります。

爬虫類用の専用飼育ケースなどで飼育することが可能です。

起きて活動するときは木の上に、休むときは下にいるという感じです。

水を好むので体が入るような大きめの水容器を準備してあげましょう。

ホットスポットライトなどは外につけてあげましょう。

動き回りライトに登って火傷などケガする恐れがあるためです。

ケース内には流木なども準備しましょう。

 

④カールシュミットモニターの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

幼体時には昆虫をメインに与えましょう。

デュビアを好む傾向にあります。

成体になるとピンクマウスやウズラを与えましょう。

成長するにつれて昆虫を食べなくなることもあるようです。

オオトカゲはカルシウム不足になるとクル病の原因になりますので、普段の食事から適度にカルシウム剤を塗布して与えるようにしましょう。

 

⑤カールシュミットモニターの販売価格や値段はどれくらいなの?

カールシュミットモニターは、約4万円から販売されているようです。

決して安くはありませんが、喉元の桃色の発色が綺麗で人気の個体です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)