【アカマダラ(蛇)のまとめ!】生息地や特徴等7個のポイント!




 

みなさんこんにちは。

本日は、アカマダラの生態についてまとめていきたいと思います。

 

アカマダラは、爬虫綱有鱗目ナミヘビ科マダラヘビ属に属するヘビで、学名は「Dinodon rufozonatum」といいます。

 

今回はアカマダラについてのポイント、

①アカマダラの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②アカマダラの生息地はどこなの?
③アカマダラが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④アカマダラの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
⑤アカマダラの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑥アカマダラの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?
⑦アカマダラの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

以上7つの点についてお伝えします。

それでは、アカマダラの写真を見ていきましょう!

 

アカマダラの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

出典:SnakesofTaiwan(Dinodon Rufozonatum)

 

アカマダラは鮮やかな黒の縞模様が大きな特徴のヘビです。

 

赤褐色の体色と黒縞の強いコントラストがとっても美しいですね!

生息地によって多少の差があり、対馬にすむアカマダラの体色がより鮮やかとされています。

 

アカマダラは基本的にはおとなしいですが、起こると首を持ち上げて尾を小刻みに震わせながら威嚇行動をとります。

毒は持たないので、もし噛まれたとしても焦る必要はありません。

夜行性で、夜道路に飛び出してくることもあるそうです。

 

外的に襲われると、総排泄腔から臭い匂いを出して身を守る防御行動を取ります。

 

次はアカマダラの生息地をお伝えします!

 

アカマダラの生息地はどこなの?

 

アカマダラは、中国、韓国、台湾、北朝鮮、日本、ベトナム、ラオス、ロシア南部に分布しています。

 

平地や森林、草原、水辺など様々な場所に生息しています。

基本的には地面をはって生息していますが、木に登ることもあります。

 

よく似たヘビで日本の宮古列島、八重山列島にすむ種類でサキシママダラというヘビも存在します。

このヘビは、見た目ほとんど同じヘビですが、体色が茶色がかっているという特徴があります。

 

次にアカマダラの大きさと寿命をお伝えします!

 

アカマダラが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

アカマダラは、成長すると全長100cmから120cmまで大きくなります。

ヘビの中では特別大きくも小さくもない、中型のヘビと言えます。

 

アカマダラの寿命は、飼育環境下で14年程と言われています。

 

次はアカマダラの飼育(飼い方)方法をお伝えします!

 

アカマダラの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

アカマダラは、もちろんペットとして飼育もされており、日本に輸入もされています。

飼育ケースは、逃げ出すことがないようにフタがしっかりとできるプラスチックケースを準備しましょう。

 

温度管理は、23℃から25℃を目安に維持してください。

また、体全体がつかるような水入れの容器を準備してあげましょう。

 

次にアカマダラの餌と量、与え方をお伝えします!

 

アカマダラの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

アカマダラは動物食で、トカゲやヘビ、カエル、魚類、その他小型の哺乳類や鳥類を食べます。

 

飼育環境下では、ピンクマウスを与えましょう。

ピンクマウスを好まない場合は、トカゲやカエルなどを与えても大丈夫です。

ピンセットで与えることもできますが、慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

 

次はアカマダラの繁殖の時期や産卵の時期をお伝えします!

 

アカマダラの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

 

アカマダラの繁殖形態は卵生です。

6月から7月にかけて1回に10個前後の卵を産みます。

 

次にアカマダラの販売価格や値段をお伝えします!

 

アカマダラの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

アカマダラは、なかなか入手が困難な種類のヘビでペットショップに並ぶ機会あまり多くありません。

 

その希少性から値段は高めに設定されており、およそ1万5千円程で販売されています。

色味や大きさによって価格は異なり、場合によってはもっと高い値段で取り引きされることもあるようです。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

アカマダラのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アカマダラの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

アカマダラは鮮やかな黒の縞模様が大きな特徴のヘビです。

アカマダラは基本的にはおとなしいですが、起こると首を持ち上げて尾を小刻みに震わせながら威嚇行動をとります。

毒は持たないので、もし噛まれたとしても焦る必要はありません。

夜行性で、夜道路に飛び出してくることもあるそうです。

 

②アカマダラの生息地はどこなの?

アカマダラは、中国、韓国、台湾、北朝鮮、日本、ベトナム、ラオス、ロシア南部に分布しています。

平地や森林、草原、水辺など様々な場所に生息しています。基本的には地面をはって生息していますが、木に登ることもあります。

 

③アカマダラが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

アカマダラは、成長すると全長100cmから120cmまで大きくなります。

ヘビの中では特別大きくも小さくもない、中型のヘビと言えます。

アカマダラの寿命は、飼育環境下で14年程と言われています。

 

④アカマダラの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

アカマダラは、もちろんペットとして飼育もされており、日本に輸入もされています。

飼育ケースは、逃げ出すことがないようにフタがしっかりとできるプラスチックケースを準備しましょう。

温度管理は、23℃から25℃を目安に維持してください。

 

⑤アカマダラの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

アカマダラは動物食で、トカゲやヘビ、カエル、魚類、その他小型の哺乳類や鳥類を食べます。

飼育環境下では、ピンクマウスを与えましょう。

ピンクマウスを好まない場合は、トカゲやカエルなどを与えても大丈夫です。

 

⑥アカマダラの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

アカマダラの繁殖形態は卵生です。

6月から7月にかけて1回に10個前後の卵を産みます。

 

⑦アカマダラの販売価格や値段はどれくらいなの?

アカマダラは、なかなか入手が困難な種類のヘビでペットショップに並ぶ機会あまり多くありません。

その希少性から値段は高めに設定されており、およそ1万5千円程で販売されています。

色味や大きさによって価格は異なり、場合によってはもっと高い値段で取り引きされることもあるようです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)