【ロココヒキガエルの生態!】飼育方法や販売価格等5個のポイント!

 

みなさんこんにちは。

本日は、ロココヒキガエルの生態についてまとめていきたいと思います。

 

ロココヒキガエルは、両性綱無尾目ヒキガエル科のカエルです。

学名「Bufo paracnemis」、英名「Rococo Toad」と表記します。

 

今回は、ロココヒキガエルについてのポイント、

①ロココヒキガエルの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②ロココヒキガエルの生息地(分布)はどこなの?
③ロココヒキガエルが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④ロココヒキガエルの飼育(飼い方)方法は?どう餌やりすればいい?
⑤ロココヒキガエルの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

以上5個の点についてお伝えします。

それでは、ロココヒキガエルの写真(画像)を見ていきましょう!

 

ロココヒキガエルの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

 

こちらがロココヒキガエルの写真です。

全身にイボがあるのが特徴的です。

 

全身の皮膚が硬く、乾燥した環境に適しています。

目の後ろにはとても大きな耳腺があり、そこから強い毒を出すことができます。

 

その毒は有害な最近から身を守るという役割もあります。

その点から、日本では特定外来生物に指定されています。

 

また、ロココヒキガエルは夜行性です。

強い毒を持っているので、なつきやすいとは言えないでしょう。

 

次に、ロココヒキガエルの生息地(分布)はどこなのかについてお伝えします!

 

ロココヒキガエルの生息地(分布)はどこなの?

 

ロココヒキガエルは、南アメリカ大陸の南部から中部に生息しています。

 

主に都市部に生息していますが、森林地帯でも発見されています。

その中でも植物があまり生えていない水場を好んで、住処を作っています。

 

次は、ロココヒキガエルが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長するのかについてお伝えします!

 

ロココヒキガエルが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

ロココヒキガエルは最大20センチを超えます。

 

ヒキガエルの中でも大型です。

寿命は10年ほどと言われています。

 

次は、ロココヒキガエルの飼育(飼い方)方法をお伝えします!

 

ロココヒキガエルの飼育(飼い方)方法は?どう餌やりすればいい?

 

ロココヒキガエルは特定外来生物に指定されており、ペットとして飼育するためには適切に申請をし、許可を得ないといけません。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

また、飼育情報がかなり少ないです。

もし飼育される場合は、飼育歴のある方や専門ショップの方に話を聞いてみてください。

 

ちなみに、野生のロココヒキガエルは、昆虫や節足動物を捕食しています。

 

最後に、ロココヒキガエルの販売価格や値段はどれくらいなのかについてお伝えします。

 

ロココヒキガエルの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

ロココヒキガエルはペットとして飼育されており、日本に輸入されています。

ペットショップなどで、2万円前後で取引されています。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

ロココヒキガエルのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ロココヒキガエルの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

・耳腺に強い毒を持っている

・特定外来生物に指定されている

 

②ロココヒキガエルの生息地(分布)はどこなの?

・南アメリカ大陸に生息している

 

③ロココヒキガエルが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

・最大20センチを超える

・10年ほど生きる

 

④ロココヒキガエルの飼育(飼い方)方法は?どう餌やりすればいい?

・飼育歴のある人、ショップの店員さんに話をきちんと聞いておく

 

⑤ロココヒキガエルの販売価格や値段はどれくらいなの?

・2万円前後で購入できる

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)