【エロンガータリクガメのまとめ!】飼育方法や販売価格等8個のポイント!




 

みなさんこんにちは。

本日は、エロンガータリクガメの生態についてまとめていきたいと思います。

 

「マダラ」だの「トゲオ」だの、柄や形状が想像できる単語が入ることが多い爬虫類の種類。

 

今回のエロンガータリクガメに関してはまったく姿が想像できませんね…?

かろうじてカメだとわかるくらい。

 

今回は、エロンガータリクガメについてのポイント、

①エロンガータリクガメの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②エロンガータリクガメの生息地はどこなの?
③エロンガータリクガメが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④エロンガータリクガメの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
⑤エロンガータリクガメの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑥エロンガータリクガメがかかりうる病気は?対策方法も!
⑦エロンガータリクガメの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?
⑧エロンガータリクガメの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

以上8個の点についてお伝えします。

それでは、謎を秘めたエロンガータリクガメの写真を見ていきましょう!

 

エロンガータリクガメの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

不可思議な名前のリクガメの姿はコチラになります。

姿は普通ですね?

View this post on Instagram

~この冬の間も着々と成長線を伸ばすシフォンちゃん♬ わが家のリクガメさんの中でも、何気にめっちゃ大っきいのよね(^_^;) エロンガータって、ペットとして飼えるリクガメさんの中で何番目くらいの大きさかしら~?(゜◇゜) アルダ、ケヅメ、ヒョウモン、ビルムツ、キアシ、アカアシ、ホウシャ、エロンくらいかな? 思いつきで書いたのであしからず・・・( ´艸`)~ #カメ#リクガメ#ミズガメ#ハコガメ#エロンガータリクガメ#エロンガータ#爬虫類#ペット#tortoise#turtle#boxturtle#elongatedtortoise#reptile#pet#indotestudoelongata

A post shared by ゆきまるこ (@kamesan.love) on

 

甲羅のキール(盛り上がっている場所のこと)やフチのフォルムも大人しく、皆が想像する

「リクガメ」の姿から大きく外れてはいません。

 

次は、エロンガータリクガメの生息地をお伝えします!

 

エロンガータリクガメの生息地はどこなの?

 

リクガメは世界各国の温暖な気候に生息します。

 

ギリシャなど地中海に面した気候はリクガメの一大生息地ですが、

このエロンガータリクガメはアジア産です。

 

中国、インド、ネパール、ミャンマーなど。

乾季と雨季が交互に訪れる、草木がまばらな草原や、落葉が積もる森林に住んでいます。

リクガメですが乾燥は苦手なために、雨季に活動を盛んにし、乾季には強い日差しを避けて生活しています。

 

現地では身近な動物でしたが、食料とされる他、ペットブームにより野生数が激減しています。

現在流通しているのは、いわゆる繁殖個体です。

 

次に、エロンガータリクガメの大きさと寿命をお伝えします!

 

エロンガータリクガメが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

 

家で飼えるカメの種類としては、エロンガータリクガメはごくごく平均的なサイズ感です。

 

甲長は最大でも35㎝を超える程度でしょう。

それなりの重量はありますが、女性でも飼育が可能なレベルです。

 

エロンガータリクガメの寿命は25年程とされています。

生活環境をいかに整えるかによって寿命はかなり左右されます。

 

爬虫類は特に問題がなければ、年々「成長」する生き物です。

是非長生きさせて、夢の36㎝以上を実現させてあげたいですね!

 

次は、エロンガータリクガメの飼育(飼い方)方法をお伝えします!

 

エロンガータリクガメの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

 

リクガメということで、水棲ガメのようなプールは必要ありません。

ですが「雨季」を好む生き物のため、床材や湿度には気をつけてあげましょう。

 

湿度は60~70度が理想的です。

高温多湿の日本の夏に向いていますね。

 

水槽の近くに温湿度計を置くと便利ですよ。

 

何も水槽の中を常にびしょびしょにしておくことはありませんが、ヤシガラマットなど、保湿性の

高いものを選ぶことが重要です。

汚れたら一部取り換え、1月に一回は全とっかえすると清潔です。

温度は28度前後、夜間は2、3度下げましょう。寒い日は底面ヒーターを活用します。

ホットスポットは必要です。35度~40度が理想です。

カメとの距離間をよく測り、落下事故のないようしっかり取りつけます。

 

次に、エロンガータリクガメの餌と量、与え方をお伝えします!

 

エロンガータリクガメの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

 

リクガメの多くがそうですが、本種もほぼ草食の生き物です。

野生においては昆虫や死骸なども一部食べているようですが、飼育下でタンパク質を多くやりすぎると

肥満の原因になりえます。コオロギなどは2週間に1度程度で済ませましょう。

 

ただしベビーの時は、成長促進のため、たんぱく質を多めに上げます。また、食事の回数は1日3回です。

大人になってからは2日に1度程度で大丈夫。

野菜や雑草、時折果物を中心とし、カルシウム剤を添加するくらいでいいでしょう。

小松菜やチンゲン菜を特に好みます。水分の多い野菜を上げるときは、やりすぎに注意します。

また、どんなときでも飲み水は別途用意します。ひっくり返らない容器に入れましょう。

 

次は、エロンガータリクガメのかかりうる病気や対策方法をお伝えします!

 

エロンガータリクガメがかかりうる病気は?対策方法も!

 

エロンガータリクガメに限らず、爬虫類全般の問題として、鱗や甲羅にトラブルが起きることが多いです。

 

脱皮不全はその最たるもので、古い甲羅が上手く外れない時は、これを疑ってください。

日光浴やカルシウム、湿度が不足して起こります。

 

3本柱が崩れないよう、日ごろから飼育環境の細かいデータを記録しておくといいですよ。

また、本種の場合、高温多湿な飼育環境のせいでケース内部にカビや細菌が繁殖しやすいので

掃除はこまめに行います。

1月に1度は飼育容器を消毒し、インテリアなどもよく洗い、乾かします。

 

カメ自身にも人肌より温めの水で温浴させると効果的です。時間は10~30分程度で構いません。

雑菌などを落とす他、便秘を解消したり、水分補給したりする機会です。

溺れない深さのバケツなどで行いましょう。

 

次に、エロンガータリクガメの繁殖の時期や産卵の時期をお伝えします!

 

エロンガータリクガメの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

 

 

雨季・乾季と季節が二分される地域に住む生き物は、どちらかの時期に合わせて繁殖期が訪れます。

 

本種も例外ではなく、雨季に差し掛かる時に繁殖期が来ます。

産卵回数は年に2回程度のようです。

 

 

オス・メスを一緒にしておくと、交尾の予兆を見せます。

交尾後、メスが産卵したら、別容器に天地無用で移して経過観察しましょう。

 

上手くいけば子ガメたちが生まれてきます。

しばらくは子ガメたちだけで育てましょう。

 

それでは最後に、エロンガータリクガメの販売価格や値段をお伝えします!

 

エロンガータリクガメの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

エロンガータリクガメ本種は比較的安価で、3万前後で販売されているようです。

 

飼育環境が他のリクガメ類と違い、多湿を好むこと、そこそこの大きさになることから

準備に手間暇がかかるため、あまり飼育人口が多くないのが現状です。

 

実際エロンガータリクガメが自由に動き回れる環境を作るには、将来的に120㎝の水槽は必要です。

時間と空間、どちらにも余裕があるのならば、本種の飼育に挑戦してみてはいかが?

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

エロンガータリクガメのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①エロンガータリクガメの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

ノーマルな見た目のリクガメです。雌雄に差はありません。

 

②エロンガータリクガメの生息地はどこなの?

中国やインド、ミャンマーなどの高温多湿なアジアです。

飼育する際は、とにかく湿度に気をつけなくてはいけません。

 

③エロンガータリクガメが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

リクガメとしては中型で35㎝前後です。

寿命は25年ほどといわれています。

 

④エロンガータリクガメの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

他のリクガメとは違い、湿度を好むので同じようには飼育できません。

最初の内は60㎝サイズの水槽から始めても良いでしょう。

 

⑤エロンガータリクガメの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

植物食ですが、ベビーの内など、昆虫を欲することがあります。

成体に近づくにつれ、徐々にエサの回数を減らします。

 

⑥エロンガータリクガメがかかりうる病気は?対策方法も!

多湿の環境ゆえ、カビや細菌が繁殖しやすいです。

掃除はこまめに、消毒も適度に行いましょう。

⑦エロンガータリクガメの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

乾季が終わり、雨季に差し掛かる時期に繁殖シーズンが訪れます。

産卵したら、卵は別容器にて育てましょう。

 

⑧エロンガータリクガメの販売価格や値段はどれくらいなの?

3万円前後と、比較的安価ですが、他のリクガメに慣れている人でも

他のリクガメとはまったく違う環境を整備するため、ある程度お金は必要です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)