【オオヨロイトカゲの生態!】飼育方法や繁殖時期、値段等9つのポイント!




 

みなさんこんにちは。

本日は、オオヨロイトカゲの生態についてまとめていきたいと思います。

 

名前からして戦国武将みたいな厳つい感じを受けますが、どんなトカゲでしょうか?

 

今回はオオヨロイトカゲについてのポイント、

①オオヨロイトカゲの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②オオヨロイトカゲの生息地はどこなの?
③オオヨロイトカゲが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④オオヨロイトカゲの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
⑤オオヨロイトカゲの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑥オオヨロイトカゲの性別雌雄(メスオス)の見分け方は?
⑦オオヨロイトカゲがかかりうる病気は?対策方法も!
⑧オオヨロイトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?
⑨オオヨロイトカゲの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

以上9つの点についてお伝えします。

さて、早速オオヨロイトカゲの写真を見てみましょう!

 

オオヨロイトカゲの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

これがオオヨロイトカゲの姿です。

見てください、名に違わないその姿。トゲだらけの体のごついことごついこと…!

 

View this post on Instagram

今日は店舗を早閉めしてこいつを入手して来ました!本日の新入荷はオオヨロイトカゲ!しかもアダルトサイズ!これは凄いし滅多にいませんよ。マスドラ初入荷種になります。 [HP] http://masterofdragon.jimdo.com/ [Twitter] https://twitter.com/MOD_yokohama MASTER OF DRAGON [Facebook]https://ja-jp.facebook.com/pages/MASTER-OF-DRAGON/135874363273894 TEL.FAX045-349-2749 #オオヨロイトカゲ #Cordylusgiganteus #Giantgirdedlizard #girdedlizard #Sungazer #sungazerlizard #lizard #爬虫類ショップ #爬虫類専門店 #爬虫類 #animalshop #animal #reptileshop #reptile #reptiles #masterofdragon #マスターオブドラゴン #マスドラ #珍獣

A post shared by Reptiles bar ENTER.THE.DRAGON (@enter.the.dragon0322) on

 

もう恐竜・鎧竜の一種と言っても過言ではないですね。「大鎧」の名は伊達ではありません。

 

このトゲは背中・尾・手足にびっしりと生えており、不埒な敵を一切近づけません。

当然人間も気をつけてハンドリングしないと…!血を見ること間違いなしです。

 

学名は「Smaug giganteus」と言います。

実は「指輪物語」を書いた作家トールキンの創作した邪竜「スマウグ」から来ています。

そこに「巨大な」を意味する「ギガンテウス」がつきました。

和訳すれば「巨大なる邪竜」といったところでしょうか…?

 

もちろんトールキンのスマウグと違い、オオヨロイトカゲは火を噴くこともなければ空も飛びません。

ですがそのイメージを投影される程、インパクトが強いことは確かです。

 

このカッコイイ爬虫類、どこに行けば野生の姿が見られるのでしょうか?

次はオオヨロイトカゲの生息地についてお伝えします。

 

オオヨロイトカゲの生息地はどこなの?

 

オオヨロイトカゲの故郷は、日本より遠く離れた南アフリカにあります。

平坦、あるいは緩やかな傾斜がついた、草木がまばらな草原に、悠々と暮らしています。

 

日光浴が大好きで、まるで万歳三唱のように四肢を広げて日光を求める様から、ついた英名は

「Sangazer」=「太陽を見つめるもの」。現地では度々「万歳」が見られます。

しかし外見とは裏腹に臆病で、好戦的ではありません。人間に見られていることに気づけば、たちまち

巣穴に隠れてしまうでしょう。

 

もともと自慢のヨロイは、ワシやジャッカルなど本来トカゲ類を捕食する肉食獣対策でしかなく

人間の農工具や自動車の前には無力です。

現地では乱獲もあって数を減らしているという、悲しい現状もあります。

 

飼育の際には、繁殖個体のみを購入しましょう。

次に、オオヨロイトカゲの最大サイズ・寿命についてお伝えします。

 

オオヨロイトカゲが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

 

オオヨロイトカゲは最大で40㎝程になります。

 

イグアナやモニターの中では余裕で1mを超えるものがいることを考えると、トカゲとしては

丁度中サイズ。そこまで大きくは感じないかもしれませんね。

 

もちろんあのトゲで巨体まで手に入れてしまったら、到底危なくて飼えたもんじゃないのですが…。

 

寿命は10年程度と言われています。

飼育環境をどれだけ整えられるかに、彼らの長生きはかかっています。

 

では具体的に、どんな世話をしたらいいのでしょうか?

オオヨロイトカゲにぴったりの飼育方法をお伝えします。

 

オオヨロイトカゲの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

オオヨロイトカゲはヨロイトカゲの中で最も大きい種類です。

 

体の大きさに合わせましょう。60~90㎝サイズの水槽ならばひとまずOKです。

意外と傾斜のある置物に登ったりしますので、太い流木などいれてあげると喜びます。

 

 

 

さて、南アフリカの環境を、ご家庭で再現するのは至難の業です。

 

日本も大抵日差しが強い国ではありますが、四季が巡り、多湿で、しかも基本的に室内の飼育ケースにて

動物を飼うことを考えれば、どうしたって器具の存在が不可欠です。

 

幸い日本には性能の良い「バスキングライト」「底面ヒーター」など温度を上げるものもあれば

「UVライト」のように紫外線を照射するものもあります。

 

特にオオヨロイトカゲは日光浴の為に生きているといっても過言ではないトカゲ。

しっかりとライトを設置しましょう。

 

大体水槽内部が33度前後。ホットスポットで40度。夜間で20度。

湿度は適度に霧吹きで30~40度程でOKです。

 

床材は粒子の細かい砂が向いています。ヤシガラなど、吸湿性の高いものを敷くのはやめましょう。

 

水槽の中が無駄に時化るだけです。砂は汚れたところを捨てます。

1月に一度は水槽を消毒したいですね。

 

次は、オオヨロイトカゲのエサについてお伝えします。

 

オオヨロイトカゲの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

オオヨロイトカゲは肉食です。

 

野生の個体は小さな昆虫やクモ、小型のトカゲを食して生きています。

飼育下ではベビーマウスを食べもします。要するに活餌ですね。

 

ピンセットでコオロギなどをつまみ、与えるといいでしょう。

ハンドリングの助けにもなります。

また容易に逃げ出さないような工夫が施されている飼育ケースならば、生きたコオロギを

数匹投入するといい刺激になります。

&

いずれにせよ、温度や紫外線が不十分だと、エサが消化しきれず、弱ってしまいますから

タイミングに気をつけましょう。

 

さて、次はオオヨロイトカゲの性別の見分け方についてお伝えします。

 

オオヨロイトカゲの性別雌雄(メスオス)の見分け方は?

 

他のトカゲと同じく、尾のつけねのふくらみで判断するしかありません。

膨らんでいたらオス、そうでなかったらメスです。

 

 

正直幼体の頃はわかりづらく、なによりオオヨロイトカゲの場合トゲで危なっかしくて見れた

ものではありません。詳しくはプロに確認しましょう。

 

次はオオヨロイトカゲがかかりやすい病気についてお伝えします。

 

オオヨロイトカゲがかかりうる病気は?対策方法も!

 

爬虫類全般にある「脱皮不全」「くる病」など、紫外線やカルシウム不足の病気はままあります。

これは食事の際添加剤を混ぜ込んだり、ライトを適切に当てることで解決します。

 

次は、オオヨロイトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつなのかをお伝えします!

 

オオヨロイトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

 

オオヨロイトカゲは卵生でなく胎生です。

子トカゲを産むわけです。出産時期は夏から秋にかけてとされています。

 

 

一度の出産数はたったの1、2匹程…。しかも隔年です。

さらに言えば、飼育下では繁殖に成功した例はないそうです。

 

この繁殖力の低さに加え、環境破壊や乱獲のせいで数が激減しています。

10年後には絶滅するだろうとすら言われている程です。

 

そんな希少な存在をもし買うのならば、どれほどの値が付くのでしょうか?

最後にオオヨロイトカゲの相場を見て終わりましょう。

 

オオヨロイトカゲの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

乱獲により制限がかかることがあるオオヨロイトカゲ。

 

なんと値段は50万から!100万を超えることも珍しくないのだとか…!

しかしこの種が置かれている現状を見れば、むしろ安すぎるくらいですね。

 

さて、オオヨロイトカゲについて少し詳しくなれたでしょうか?

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

オオヨロイトカゲのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①オオヨロイトカゲの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

全身トゲだらけの鎧武者のような出で立ちです。

臆病ですが、ハンドリングは可能です。

 

②オオヨロイトカゲの生息地はどこなの?

南アフリカの開けた草原です。

乱獲や開発により、数が激減しています。

 

③オオヨロイトカゲが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

最大で40㎝程になります。

寿命は10年程と、小動物(ハムスターなど)並です。

 

④オオヨロイトカゲの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

底面積は左程要らないのですが、器具を取り付けることを考えれば

大きめの90㎝サイズがベストです。

 

⑤オオヨロイトカゲの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

肉食なので、活餌を与えましょう。

ピンセットでつまんで食べさせれば、ハンドリングも容易です。

 

⑥オオヨロイトカゲの性別雌雄(メスオス)の見分け方は?

尾の付け根のふくらみで見分けますが、素人目には×。

専門家の人に判断してもらいましょう。

 

⑦オオヨロイトカゲがかかりうる病気は?対策方法も!

脱皮不全やくる病など、アフリカ程の日光が得られないと

かかりやすい病気です。食事への添加物で健康体を目指しましょう!

 

⑧オオヨロイトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

夏から秋にかけて、子トカゲを1、2匹産みます。

飼育下での繁殖は例がないようです。

 

⑨オオヨロイトカゲの販売価格や値段はどれくらいなの?

50万円も珍しくなく、中には100万円を超えるものも…!

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)