【アマゾンツリーボアのまとめ!】飼育方法や価格等7個のポイント!




 

みなさんこんにちは。

本日は、アマゾンツリーボアの生態についてまとめていきたいと思います。

 

アマゾンツリーボアは、爬虫綱有鱗目ボア科ツリーボア属に属するヘビです。

学名は「Corallus hortulanus」といいます。コモンツリーボアや、ガーデンツリーボアという名前でも親しまれています。

 

今回はアマゾンツリーボアについてのポイント、

①アマゾンツリーボアの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②アマゾンツリーボアの生息地はどこなの?
③アマゾンツリーボアが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④アマゾンツリーボアの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
⑤アマゾンツリーボアの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑥アマゾンツリーボアの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?
⑦アマゾンツリーボアの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

以上7つの点についてお伝えします。

それでは、アマゾンツリーボアの写真を見ていきましょう!

 

アマゾンツリーボアの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

 

アマゾンツリーボアは、気性が激しく、基本的には人になつきません

噛みつく可能性があるので、ハンドリングは行わない方がいいです。

 

餌を上げている時は、飼育ケースの清掃を行う際も、噛まれないように注意してください。

特に飼ったばかりの時期は、なるべくアマゾンツリーボアのストレスにならないよう、遠くから観察したり、あまりかまったりしないようにしましょう。

 

アマゾンツリーボアは、その多様な体色や模様のため海外で非常に人気があります。

全身が光沢のある緑色に輝く個体もいれば、全体の白地に黒い縞模様が目立つ個体もあり、同じ種とは思えないほど多種多様な体色が特徴です。

 

次はアマゾンツリーボアの生息地をお伝えします!

 

アマゾンツリーボアの生息地はどこなの?

 

アマゾンツリーボアは、ブラジル、ギニア、スリナム、コロンビア、エクアドル、ペルー、ガイナム、ベネズエラ、ボリビア等、アマゾン川流域に広く生息しています

 

ガーデンツリーボアやコモンツリーボアと呼ばれることもあり、基本的に木の上で生活するヘビです。

熱帯雨林を生息地とする場合が多いのですが、乾燥した林などで見つかる場合もあり、比較的多様な環境のもとで生息することができるようです。

 

次にアマゾンツリーボアの大きさと寿命をお伝えします!

 

アマゾンツリーボアが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

アマゾンツリーボアは、最大で1.5m~2mまで成長します。

数字だけ見るとかなり大きな印象を受けますが、普段はとぐろを巻いているため、そこまでの大きさはありません。

 

両手に乗るぐらいの大きさをイメージしてもらえるといいです。

自然環境下での寿命についてははっきりとした記録が残っていませんが、飼育下では平均20年程度の寿命があります。

 

長く付き合っていけそうなヘビですね。

 

次はアマゾンツリーボアの飼育(飼い方)方法をお伝えします!

 

アマゾンツリーボアの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

アマゾンツリーボアは、樹上性(木の上で生息する)のヘビですので、飼育ケースを選ぶ際も高さのあるものを選びましょう。

とぐろを巻いていたり丸まっていたりすることが多いので、それほど大きな飼育ケースは必要ありませんが、全長の半分くらいの大きさのケースがあると安心です。

 

飼育ケース中は、蒸れることがないように通気性をよくしましょう。

また、太めの上り木を数本置いて、移動ができるようにしてあげましょう。

 

また、水浴び用の水も必要です。毎日、清潔な水に取り替えましょう。

生息しているアマゾン川流域は、非常に多湿の環境です。毎日霧吹きをして、湿度を上げてください。

 

湿度60%程あるとよいでしょう。

 

次にアマゾンツリーボアの餌と量、与え方をお伝えします!

 

アマゾンツリーボアの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

アマゾンツリーボアは肉食です。自然界ではカエルやトカゲ、ネズミなどを食べます。

飼育する場合は、ピンクマウスなどを与えます。

幼体の場合は10日に1回成体の場合は3週間に1回程度餌を与えて様子を見ましょう。

 

食べすぎたり、餌が大きすぎたりすると、餌を吐き出す場合があるので、注意してください。

 

餌を与える時は、ピンセットやトングを使って与えるようにしましょう。

手を入れると噛まれてしまうことがあるので、給餌の際は、十分気をつけてください。

 

次はアマゾンツリーボアの繁殖の時期や産卵の時期をお伝えします!

 

アマゾンツリーボアの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

 

アマゾンツリーボアは胎生であり、6か月から7か月の妊娠期間にお腹の中で子どもを育て、その後2から20匹程のヘビを出産します。

ツリーボアの中では、割と繁殖させやすい方ですので、挑戦してみようという方は、オスメスのペアで飼育してみるといいですね。

 

次にアマゾンツリーボアの販売価格や値段をお伝えします!

 

アマゾンツリーボアの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

アマゾンツリーボアは、体色や模様に豊富なバリエーションがあるので、値段もそれぞれ違ってきます。

安いもので数千円、高いものだと数十万円で販売されます。

 

やはり珍しく人気のある色や模様が高くなる傾向にあるので、選ぶのも非常に楽しいです。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

アマゾンツリーボアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アマゾンツリーボアの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

アマゾンツリーボアは、気性が激しく、基本的には人になつきません

噛みつく可能性があるので、ハンドリングは行わない方がいいです。

アマゾンツリーボアは、その多様な体色や模様のため海外で非常に人気があります。

全身が光沢のある緑色に輝く個体もいれば、全体の白地に黒い縞模様が目立つ個体もあり、同じ種とは思えないほど多種多様な体色が特徴です。

 

②アマゾンツリーボアの生息地はどこなの?

アマゾンツリーボアは、ブラジル、ギニア、スリナム、コロンビア、エクアドル、ペルー、ガイナム、ベネズエラ、ボリビア等、アマゾン川流域に広く生息しています

ガーデンツリーボアやコモンツリーボアと呼ばれることもあり、基本的に木の上で生活するヘビです。

 

③アマゾンツリーボアが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

アマゾンツリーボアは、最大で1.5m~2mまで成長します。

また、飼育下では平均20年程度の寿命があります。

長く付き合っていけそうなヘビですね。

 

④アマゾンツリーボアの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

アマゾンツリーボアは、樹上性(木の上で生息する)のヘビですので、飼育ケースを選ぶ際も高さのあるものを選びましょう。

とぐろを巻いていたり丸まっていたりすることが多いので、それほど大きな飼育ケースは必要ありませんが、全長の半分くらいの大きさのケースがあると安心です。

 

⑤アマゾンツリーボアの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

アマゾンツリーボアは肉食です。自然界ではカエルやトカゲ、ネズミなどを食べます。

飼育する場合は、ピンクマウスなどを与えます。

幼体の場合は10日に1回成体の場合は3週間に1回程度餌を与えて様子を見ましょう。

食べすぎたり、餌が大きすぎたりすると、餌を吐き出す場合があるので、注意してください。

 

⑥アマゾンツリーボアの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

アマゾンツリーボアは胎生であり、6か月から7か月の妊娠期間にお腹の中で子どもを育て、その後2から20匹程のヘビを出産します。

ツリーボアの中では、割と繁殖させやすい方ですので、挑戦してみようという方は、オスメスのペアで飼育してみるといいですね。

 

⑦アマゾンツリーボアの販売価格や値段はどれくらいなの?

アマゾンツリーボアは、体色や模様に豊富なバリエーションがあるので、値段もそれぞれ違ってきます。

安いもので数千円、高いものだと数十万円で販売されます。

やはり珍しく人気のある色や模様が高くなる傾向にあるので、選ぶのも非常に楽しいです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)