【トビトカゲのまとめ!】飼育方法や値段等7個のポイント!




 

みなさんこんにちは。

本日は、トビトカゲの生態についてまとめていきたいと思います。

 

トビトカゲは、爬虫綱有鱗目アガマ科に属する種類で、学名は「Draco」で、ラテン語で「竜(ドラゴン)」を意味します。

 

今回はトビトカゲについてのポイント、

①トビトカゲの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②トビトカゲの生息地はどこなの?
③トビトカゲが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④トビトカゲの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
⑤トビトカゲの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑥トビトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?
⑦トビトカゲの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

以上7つの点についてお伝えします。

それでは、トビトカゲの写真を見ていきましょう!

 

トビトカゲの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

出典:wikipedia(トビトカゲ族)

 

トビトカゲの特徴は、お腹の両側に広げることができる大きな翼です。

名前の通り、このお腹の両側の翼を使って風の力を利用することで、木々の間を飛ぶことができます。

 

種類にもよりますが、ジャワトビトカゲ(Draco Volans)という種類では最長で18mの距離を滑空したという記録があります。

しかし、翼のように見えるのは実際の翼ではなく、左右に伸びた肋骨の間に扇状に皮膚が広がっているものです。

 

トビトカゲは臆病な性格です。

自然界だと近付いてくる敵から逃げるために、木を登ったり滑空したりします。

ペットショップに入荷されたものだと、おとなしくハンドリングできる個体も少なくないようです。

 

トビトカゲ属の種類はとても多く、代表的なものを数えても10以上の種類が存在します。

日本のペットショップではトビトカゲとして扱われることが多く、細かい種類まで見分けるのはプロでなければ難しいかもしれません。

 

次はトビトカゲの生息地をお伝えします!

 

トビトカゲの生息地はどこなの?

 

トビトカゲは、アジアを中心に生息しており、インド南部、インドネシア、カンボジア、タイ、中国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスなどの国に分布しています。

主な生息地は森林で、木の上に棲んでいます。お腹の左右に伸びた翼のような皮膚で風の力を利用し、木々の間を飛ぶことができます。

 

次にトビトカゲの大きさと寿命をお伝えします!

 

トビトカゲが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

トビトカゲは、成長すると全長20cmから30cmまで大きくなります。

 

しかし、全長の半分から3分の2を非常に長い尾が占めています。

これは、細い木の枝のような不安定な場所を歩いたり、空中を滑空したりするのにバランスを取りやすくするためだと言われています。

 

トビトカゲの寿命は、現在のところよく分かっていないようです。

ただし日本に空輸される際に弱ってしまうことが多く、長く飼うことは難しいとされています。

上手に飼って、少しでも長く飼ってあげたいところです。

 

次はトビトカゲの飼育(飼い方)方法をお伝えします!

 

トビトカゲの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

トビトカゲは、木の上で生活する樹上棲のため、飼育ケースも高さがあるものを選びましょう。

 

ストレスを少しでも抑えるために、120cm×60cm程度の広さもあるといいでしょう。

また、実際の木の上と環境を近付けるためにも、木の枝を張り巡らせて活動するスペースを作ったり、観葉植物等で隠れ場所を確保したりしてあげましょう。

 

捕まえたり触ったりする機会も最低限に抑えることも大切です。

こまめに餌の食べ残しやフンを取り除き、清潔な環境を保つように気を付けましょう。

 

とにかくストレスを非常に受けやすく、飼育環境下で世話をするのが難しい種です。

実際に飼う場合は、身長に世話をしてあげてください。

 

次にトビトカゲの餌と量、与え方をお伝えします!

 

トビトカゲの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

トビトカゲの主食はアリシロアリなどですが、飼育下では小さいコオロギやレッドローチ、ミルワームなども食べます。

 

コオロギを与える時は、与えすぎに注意してください。

食べ残したコオロギが多すぎたり、顔の近くで飛び跳ねたりしていると、それ自体がストレスになりかねません。

 

様子を見ながら与えるようにしましょう。

 

次はトビトカゲの繁殖の時期や産卵の時期をお伝えします!

 

トビトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

 

トビトカゲの繁殖時期は正確には分かっていませんが、12月と1月くらいと考えられております。

繁殖形態は卵生で、メスは頭を土に押し込んで地面を掘り、その穴の中に卵を生みます。

 

卵の数は種類によって違いますが、1個から5個の楕円形の卵を産み、40位置前後で孵化します。

 

次にトビトカゲの販売価格や値段をお伝えします!

 

トビトカゲの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

トビトカゲは、捕獲時や輸送時に弱ってしまう場合が多く、最近では輸入される機会が少ないです。

 

ペットショップで見かけることはなかなか難しいかもしれません。

1匹あたり3000円程度で取り引きされています。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

トビトカゲのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①トビトカゲの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

トビトカゲの特徴は、お腹の両側に広げることができる大きな翼です。

名前の通り、このお腹の両側の翼を使って風の力を利用することで、木々の間を飛ぶことができます。

トビトカゲは臆病な性格です。自然界だと近付いてくる敵から逃げるために、木を登ったり滑空したりします。

ペットショップに入荷されたものだと、おとなしくハンドリングできる個体も少なくないようです。

 

②トビトカゲの生息地はどこなの?

トビトカゲは、アジアを中心に生息しており、インド南部、インドネシア、カンボジア、タイ、中国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスなどの国に分布しています。

主な生息地は森林で、木の上に棲んでいます。お腹の左右に伸びた翼のような皮膚で風の力を利用し、木々の間を飛ぶことができます。

 

③トビトカゲが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

トビトカゲは、成長すると全長20cmから30cmまで大きくなります。

しかし、全長の半分から3分の2を非常に長い尾が占めています。

 

トビトカゲの寿命は、現在のところよく分かっていないようです。

ただし日本に空輸される際に弱ってしまうことが多く、長く飼うことは難しいとされています。

トビトカゲの繁殖時期は正確には分かりませんが、12月と1月くらいと考えております。繁殖形態は卵生で、メスは頭を土に押し込んで地面を掘り、その穴の中に卵を生みます。

 

④トビトカゲの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

トビトカゲは、木の上で生活する樹上棲のため、飼育ケースも高さがあるものを選びましょう。

ストレスを少しでも抑えるために、120cm×60cm程度の広さもあるといいでしょう。

また、実際の木の上と環境を近付けるためにも、木の枝を張り巡らせて活動するスペースを作ったり、観葉植物等で隠れ場所を確保したりしてあげましょう。

 

⑤トビトカゲの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

トビトカゲの主食はアリやシロアリなどですが、飼育下では小さいコオロギやレッドローチ、ミルワームなども食べます。

コオロギを与える時は、与えすぎに注意してください。

食べ残したコオロギが多すぎたり、顔の近くで飛び跳ねたりしていると、それ自体がストレスになりかねません。

 

⑥トビトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

トビトカゲの繁殖時期は正確には分かっていませんが、12月と1月くらいと考えられております。

繁殖形態は卵生で、メスは頭を土に押し込んで地面を掘り、その穴の中に卵を生みます。

 

⑦トビトカゲの販売価格や値段はどれくらいなの?

トビトカゲは、捕獲時や輸送時に弱ってしまう場合が多く、最近では輸入される機会が少ないです。

ペットショップで見かけることはなかなか難しいかもしれません。

1匹あたり3000円程度で取り引きされています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)