【アブロニアの生態!】飼育方法や販売価格等6個のポイント!




 

みなさんこんにちは。

本日は、アブロニアの生態についてまとめていきたいと思います。

 

アブロニアとは、爬虫綱有鱗目アンギストカゲ科に属するトカゲです。

別名アオキノボリアリゲータートカゲ(学名:Abronia graminea)と言います。

 

今回はアブロニアについてのポイント、

①アブロニアの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②アブロニアの生息地はどこなの?
③アブロニアが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④アブロニアの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
⑤アブロニアの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑥アブロニアはよく入荷されるの?販売価格や値段はどれくらいなの?

 

以上6個の点についてお伝えします。

それでは、アブロニアの写真を見ていきましょう!

 

アブロニアの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

 

大人気種のアブロニア。

特徴はなんといってもその見た目ですね。

 

瓦状に重なって並んでいる大きな鱗がとっても魅力的。

1枚1枚が黒から深い緑にかけてのグラデーションになっており、まるで映画の中のドラゴンの様でもあります。

ただ、体色には個体差が大きく青がかった個体や白っぽい個体も存在します。

 

性格は基本的には穏やかです。

ただ、危険を感じると威嚇したり、まれに噛んだりすることもあります。

飼いはじめる時は注意が必要ですね。

 

次に、アブロニアの生息地をお伝えします!

 

アブロニアの生息地はどこなの?

 

アブロニアの生息地は、メキシコやグアテマラなど中央アメリカの一部

標高の高い森林地帯に生息しており、樹の上を基本的な活動フィールドとしています。

 

生活の場は、数十メートルもの高さに及ぶ樹の上

 

樹を登ったり枝につかまったりしやすいように、肢の4本の指の爪は大きく発達しています。

また、体の半分以上を長い尾が占めているため、高い樹の上でもバランスがとれるようになっていますね。

 

次は、アブロニアが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長するのかと寿命をお伝えします!

 

アブロニアが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

アブロニアは、成体になると最大で25cmくらいまで大きくなります。

大人の片手に乗るくらいの大きさですね。

 

最大体長40cmに達するという説もあります

長く飼うことができれば、大きくなった姿を見られるかもしれませんね。

 

それでは次に、アブロニアの飼育(飼い方)方法をお伝えします!

 

アブロニアの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

アブロニアは樹上棲のトカゲのため、高さのある飼育ケースが必要となります。

 

全長の2倍の高さを基準として考えると、高さ50cm以上の飼育ケースを用意しましょう。

飼育ケース内には登り木や観葉植物を配置し、立体的なレイアウトにして、活動場所を確保できるといいですね。

飼育ケース内の温度は20~23℃に設定し、高温にならないようにします。

アブロニアは普段、樹の上や涼しい植物の影に隠れて過ごしているため、高温が苦手なのです。

 

特に日本の夏は暑く、昼の時間帯には30℃を超えることも少なくありません。

 

エアコンやファンを利用し、飼育ケース内が30℃を超えないようにしましょう。

 

また、アブロニアは樹の上で日光浴もします。

バスキングの頻度は高くありませんが、いつでもできるようにバスキングライトも設置しておきましょう。

 

次に、アブロニアの餌と量はどうするのかをお伝えします!

 

アブロニアの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

アブロニアが餌として好んで食べるのが、コオロギバッタです。

 

また、クモやカタツムリなどもよく食べます。

手やピンセットを使って、直接食べさせましょう。

 

また、栄養バランスが取れるようなるべく餌のバリエーションを増やしてあげるといいですね。

植物をよく食べたコオロギ等の昆虫を食べることでも、アブロニアにも栄養が行き渡ります。

ただ、大きめなものは体内で詰まるので、なるべく小さいものを選びましょう。

 

餌を与える頻度は週に1回程度。

アブロニアは代謝が低い生物だと考えられるため、頻繁に餌を与えると肥満になるすぐに可能性も。

肥満は爬虫類にとっては、命に関わる重要な問題です。

肥満にならないように、様子を見ながら餌を与えるようにしましょう。

 

それでは最後に、アブロニアはよく入荷されるのかと価格をお伝えします!

 

アブロニアはよく入荷されるの?販売価格や値段はどれくらいなの?

 

アブロニアは、以前に比べるとかなり流通量が増えましたが、まだまだ入荷される機会は少なく希少価値が高いです。

その人気と希少性から、価格設定は高め。

 

1匹あたり7~10万円程度の値段で取り引きされています。

飼育環境と値段の高さから見ても、中級者から上級者向きの種類と言えますね。

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

アブロニアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アブロニアの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

瓦状に重なって並んでいる大きな鱗がとっても魅力的。

1枚1枚が黒から深い緑にかけてのグラデーションになっており、まるで映画の中のドラゴンの様でもあります。

ただ、体色には個体差が大きく青がかった個体や白っぽい個体も存在します。

 

②アブロニアの生息地はどこなの?

アブロニアの生息地は、メキシコやグアテマラなど中央アメリカの一部。

標高の高い森林地帯に生息しており、樹の上を基本的な活動フィールドとしています。

生活の場は、数十メートルもの高さに及ぶ樹の上。

樹を登ったり枝につかまったりしやすいように、肢の4本の指の爪は大きく発達しています。

 

③アブロニアが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

アブロニアは、成体になると最大で25cmくらいまで大きくなります。

大人の片手に乗るくらいの大きさですね。

最大体長40cmに達するという説もあります長く飼うことができれば、大きくなった姿を見られるかもしれませんね。

 

④アブロニアの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

アブロニアは樹上棲のトカゲのため、高さのある飼育ケースが必要となります。

全長の2倍の高さを基準として考えると、高さ50cm以上の飼育ケースを用意しましょう。

飼育ケース内には登り木や観葉植物を配置し、立体的なレイアウトにして、活動場所を確保できるといいですね。

 

⑤アブロニアの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

アブロニアが餌として好んで食べるのが、コオロギやバッタです。

また、クモやカタツムリなどもよく食べます。

手やピンセットを使って、直接食べさせましょう。

 

⑥アブロニアはよく入荷されるの?販売価格や値段はどれくらいなの?

アブロニアは、以前に比べるとかなり流通量が増えましたが、まだまだ入荷される機会は少なく希少価値が高いです。

その人気と希少性から、価格設定は高め。

1匹あたり7~10万円程度の値段で取り引きされています。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)