【マダガスカルヒルヤモリの生態!】餌の選び方や販売価格等7個のポイント!




 

みなさんこんにちは。

本日は、マダガスカルヒルヤモリの生態についてまとめていきたいと思います。

 

英語では、「Madagascar day gecko」と呼ばれています。

また、Phelsuma madagascariensisと呼ばれることもありますが、こちらは学名ですね。

 

今回はマダガスカルヒルヤモリについてのポイント、

①マダガスカルヒルヤモリの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②マダガスカルヒルヤモリの生息地はどこなの?
③マダガスカルヒルヤモリが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④マダガスカルヒルヤモリの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
⑤マダガスカルヒルヤモリの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑥マダガスカルヒルヤモリがかかりうる病気は?対策方法も!
⑦マダガスカルヒルヤモリの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

以上7つの点についてお伝えします。

それでは、マダガスカルヒルヤモリの特徴についてお伝えします。

 

マダガスカルヒルヤモリの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

マダガスカルヒルヤモリはヤモリ科ヒルヤモリ属に分類されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがマダガスカルヒルヤモリの写真になります。

緑色の体色で、背中に褐色の斑点模様があるのが特徴です。

しっぽも長く、きれいな緑色ですね!

 

マダガスカルヒルヤモリは、おとなしく臆病な性格です。

そのため、飼育を始めたときには警戒されてしまいます。

なついてくれるには時間がかかりますね。

 

次に、マダガスカルヒルヤモリの生息地についてお伝えします。

 

マダガスカルヒルヤモリの生息地はどこなの?

 

マダガスカルヒルヤモリの生息地(分布)はマダガスカルに分布しています!

 

名前の通り、マダガスカルにのみ生息しているトカゲですね。

マダガスカルヒルヤモリは森林の木の上で生活しています。

 

最近は、森林が破壊されているので数が少なくなっていますね。

 

次は、マダガスカルヒルヤモリの最大サイズと寿命についてお伝えします。

 

マダガスカルヒルヤモリが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

マダガスカルヒルヤモリは成体になると最大で30cmにまで成長します。

 

30cmというのはヤモリの中でも大きいサイズですね。

また、マダガスカルヒルヤモリの寿命は10年です。

 

次に、マダガスカルヒルヤモリの飼育方法についてお伝えします。

 

マダガスカルヒルヤモリの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

マダガスカルヒルヤモリの飼育には、ケース、パネルヒーター、バスキングランプ、紫外線ランプ、床材が必要です。

 

飼育ケースは高さがあるものを選びましょう!

マダガスカルヒルヤモリは木の上で生活しています。

倒木が置ける高さのケースを選んでください。90cmあれば十分ですね!

 

また、マダガスカルヒルヤモリは温暖な地域に生息しているので、飼育ケース内を27℃ほどにしてあげましょう。

そのために、パネルヒーターやバスキングランプ、紫外線ランプを設置してください。

 

次は、マダガスカルヒルヤモリの餌やりについてお伝えします。

 

マダガスカルヒルヤモリの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

 

 

 

 

 

マダガスカルヒルヤモリは昆虫を食べます。

なので、コオロギやミールワームといった購入や管理が簡単な餌をあげましょう!

 

餌の量はマダガスカルヒルヤモリの様子を見て調整してくださいね。

 

次に、マダガスカルヒルヤモリの病気や対策についてお伝えします。

 

マダガスカルヒルヤモリがかかりうる病気は?対策方法も!

 

マダガスカルヒルヤモリがかかる病気にくる病があります。

くる病は骨が柔らかくなったりもろくなったりする病気です。

 

かかってしまうと治すことが難しい病気ですね。

 

カルシウム不足が原因でなってしまうので、餌にカルシウム剤を添加したり日光浴させてあげたりしましょう!

 

次は、マダガスカルヒルヤモリの販売価格についてお伝えします。

 

マダガスカルヒルヤモリの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

マダガスカルヒルヤモリは20,000円で販売されています!

 

マダガスカルヒルヤモリは個体数が減少しているので今後、値段は上がるかもしれませんね。

マダガスカルヒルヤモリは貴重なヤモリなので仕方ないですね…

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

マダガスカルヒルヤモリのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①マダガスカルヒルヤモリの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

マダガスカルヒルヤモリは、緑色の体で背中に褐色の斑点模様があるのが特徴です。

おとなしく臆病な性格をしているので、なついてくれるまでには時間がかかってしまいます。

 

②マダガスカルヒルヤモリの生息地はどこなの?

マダガスカルヒルヤモリはマダガスカルに生息しています。

 

③マダガスカルヒルヤモリが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

マダガスカルヒルヤモリは最大で30cmに成長し、寿命は10年です。

 

④マダガスカルヒルヤモリの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

マダガスカルヒルヤモリの飼育には、ケース、パネルヒーター、バスキングランプ、紫外線ランプ、床材を用意しましょう。

飼育ケースは倒木が置ける高さのケースを選んでください。

また、マダガスカルヒルヤモリは温暖な地域に生息しているので、飼育ケース内を27℃ほどにしてください。

 

⑤マダガスカルヒルヤモリの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

マダガスカルヒルヤモリにはコオロギやミールワームをあげましょう。

 

⑥マダガスカルヒルヤモリがかかりうる病気は?対策方法も!

マダガスカルヒルヤモリがかかる病気にくる病があります。

餌にカルシウム剤を添加したり日光浴させたりして予防しましょう。

 

⑦マダガスカルヒルヤモリの販売価格や値段はどれくらいなの?

マダガスカルヒルヤモリは20,000円で購入できます。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)