【アカメカブトトカゲ】の生態!飼育環境や値段等9つのポイント!








 

みなさんこんにちは。

本日は、アカメカブトトカゲの生態についてまとめていきたいと思います。

 

ちなみに英語の名前では、「Crocodile Skink」あるいは「red-eyed crocodile skink」と呼ばれます。

 

また、Tribolonotus gracilisと呼ばれることもあるそうですが、こちらは学名ですね。

この記事では、以下のポイントに絞ってアカメカブトトカゲの生態を探っていきたいと思います。

 

①アカメカブトトカゲの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②アカメカブトトカゲの生息地はどこなの?
③アカメカブトトカゲが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④アカメカブトトカゲの飼育(飼い方)環境は?飼育ケージのサイズについても!
⑤アカメカブトトカゲの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑥アカメカブトトカゲの人工餌(人工肥料)でおすすめはある?
⑦アカメカブトトカゲの性別雌雄(オスメス)の見分け方は?
⑧アカメカブトトカゲがかかりうる病気は?餌を食べないけど大丈夫?
⑨アカメカブトトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?
⑩アカメカブトトカゲの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

それでは、アカメカブトトカゲの特徴からお伝えしますね!

 

アカメカブトトカゲの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

アカメカブトトカゲはトカゲ科カブトトカゲ属のトカゲです。

アカメカブトトカゲは別名でメベニカブトトカゲとも呼ばれます。

 

 

 

 

 

こちらがアカブカブトトカゲの写真になります。

 

体は黒く、目の周りが赤やオレンジ色なのが特徴です!

そのほかにも背中には大きな棘のような鱗が並んでいるのも特徴的ですね。

 

アカメカブトトカゲは危険を感じると体を硬直させ擬死することがわかっています。

 

そんなアカメカブトトカゲは臆病な性格をしています。

そのためなついてくれるにはとても時間がかかってしまいますね。

 

次は、アカブカブトトカゲの生息地についてお伝えします!

 

アカメカブトトカゲの生息地はどこなの?

 

アカメカブトトカゲの生息地(分布)はインドネシアやパプアニューギニアに分布しています。

オセアニア地域にしかいない珍しいトカゲですね!

 

アカメカブトトカゲは熱帯雨林に生息しています。

夜行性で、昼間は落ち葉の下で休んでいますね。

 

次に、アカブカブトトカゲの最大サイズと寿命についてお伝えします!

 

アカメカブトトカゲが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

アカメカブトトカゲは成体になると最小15cmから最大20cmにまで成長します。

 

手のひらぐらいのサイズですね。

アカメカブトトカゲの最大サイズは小さいので飼育しやすいです。

 

また、寿命は長くて10年です。

短くても約5年は生きてくれますね。

 

次は、アカブカブトトカゲの飼育方法についてお伝えします!

 

アカメカブトトカゲの飼育(飼い方)環境は?飼育ケージのサイズについても!

 

 

 

 

 

 

アカメカブトトカゲの飼育にはケージ、ヒーター、温度計、湿度計、水入れ、シェルターが必要です。

 

ケージは小さいものでも大丈夫です。

少なくとも体長の2倍のものを選びましょう。

幅が40cm以上あれば十分ですね!

アカメカブトトカゲは温度が26℃から30℃、湿度が60%から80%の環境を好みます。

そのためヒーター、温度計、湿度計を使ってケージ内を住みやすい環境にしてあげましょう。

 

アカメカブトトカゲは水浴びを好みます。

全身が入る大きさの水入れを用意しましょう。

 

アカメカブトトカゲには隠れる場所が必要です。

臆病な性格なので必ずシェルターを用意しましょう!

 

次に、アカブカブトトカゲの餌についてお伝えします!

 

アカメカブトトカゲの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

アカメカブトトカゲは肉食です。

餌にはイエコオロギやミールワームなどの爬虫類やコオロギ、マウスをあげましょう。

 

最初はイエコオロギやミールワームをあげ、慣れてきたらコオロギやマウスに変えましょう。

慣れるまではケージ内に餌をおいておき

慣れてきたらコオロギやマウスをピンセットであげてください!

 

餌の量はアカメカブトトカゲの様子を見て調整してください。

 

次は、アカブカブトトカゲの人工餌(人工肥料)についてお伝えします!

 

アカメカブトトカゲの人工餌(人工飼料)でおすすめはある?

 

アカメカブトトカゲは肉食なので基本的には人工餌を食べません。

なかには食べるアカメカブトトカゲもいます。

 

しかし、イエコオロギやミールワームは安く購入できるので

人工餌(人工飼料)を用意する必要はありませんね。

次に、アカブカブトトカゲの性別の見分け方についてお伝えします!

 

アカメカブトトカゲの性別雌雄(オスメス)の見分け方は?

 

アカメカブトトカゲは体の大きさで性別を見分けることができます。

雄の方が体が大きく、雌の方が小さいです。

 

体の大きさ以外にもアカメカブトトカゲの性別を見分ける方法があります。

後ろ脚の指を見ましょう!

雄の場合は、後ろ脚の指に鱗があります。

 

体の大きさだと雄と雌を比べる必要がありますが、後ろ脚の鱗は比べなくてもわかりますね!

 

次は、アカブカブトトカゲがかかりうる病気についてお伝えします!

 

アカメカブトトカゲがかかりうる病気は?餌を食べないけど大丈夫?

 

アカメカブトトカゲがかかりうる病気には皮膚炎や脱皮不全、感染症があります。

アカメカブトトカゲの様子がいつもと違うのを見つけたらすぐに動物病院で診てもらいましょう。

 

アカメカブトトカゲが餌を食べないのは脱皮しているときやまだ慣れていない可能性、偏食している可能性があります。

偏食している可能性があるときは餌を変えてみましょう。

 

次に、アカブカブトトカゲの繁殖時期と産卵時期についてお伝えします!

 

アカメカブトトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

 

アカメカブトトカゲの繁殖時期や産卵時期は決まっていません。

一年のうちいつでも繁殖活動を行います。

 

アカメカブトトカゲは1個の卵を産みます。

それが孵化するには約60日かかりますね。

 

次は、アカブカブトトカゲの販売価格についてお伝えします!

 

アカメカブトトカゲの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

アカメカブトトカゲは1万5000円で販売されています。

動物愛護法によって通販での販売はされていませんね。

アカメカブトトカゲは、輸入しなくてはいけないので高い価格で販売されています。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

アカメカブトトカゲのまとめ!

 

さて、今回はアカメカブトトカゲについて10個のポイントをお伝えしました。

 

覚えているでしょうか?

一つずつ振り返っていきましょう!

 

①アカメカブトトカゲの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

体は黒く、目の周りが赤やオレンジ色なのが特徴です。

性格は臆病で、なつくまでには時間がかかります。

 

②アカメカブトトカゲの生息地はどこなの?

アカメカブトトカゲはパプアニューギニア、インドネシアに生息しています。

 

③アカメカブトトカゲが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

アカメカブトトカゲは最大で20cmにまで成長し、寿命は約10年です。

 

④アカメカブトトカゲの飼育(飼い方)環境は?飼育ケージのサイズについても!

アカメカブトトカゲの飼育にはケージ、ヒーター、温度計、湿度計、水入れ、シェルターが必要です。

ケージのサイズはアカブカブトトカゲの大きさの2倍以上の幅のものを選びましょう。

 

⑤アカメカブトトカゲの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

アカメカブトトカゲにはイエコオロギやミールワーム、コオロギ、マウスをあげましょう。

初めはイエコオロギやミールワームをあげ、慣れてきたらコオロギやマウスに変えましょう。

餌はケージ内に置いておき、慣れてきたらピンセットであげてください。

 

⑥アカメカブトの人工餌(人工肥料)でおすすめはある?

アカメカブトトカゲには人工餌を用意する必要はありません。

 

⑦アカメカブトトカゲの性別雌雄(オスメス)の見分け方は?

アカメカブトトカゲは体の大きい方が雄です。

また、雄の後ろ脚の裏には鱗があります。

 

⑧アカメカブトトカゲがかかりうる病気は?餌を食べないけど大丈夫?

アカメカブトトカゲがかかりうる病気には皮膚炎、脱皮不全、感染症があります。

餌を食べないときは脱皮中かまだ慣れていない、あるいは偏食している可能性があります。

あげる餌を変えてみましょう。

 

⑨アカメカブトトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

アカブカブトトカゲの繁殖時期や産卵時期は決まっていません。

 

⑩アカメカブトトカゲの販売価格や値段はどれくらいなの?

アカメカブトトカゲは1万5000円で販売されています。

 

それでは今回は、これで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)