【サルファモニターのまとめ!】生息地や販売価格等6個のポイント!




 

みなさんこんにちは。

本日は、サルファモニターの生態についてまとめていきたいと思います。

 

サルファモニターとは、爬虫綱有鱗目オオトカゲ科ミズオオトカゲ亜種に分類されるモニターで、学名は「Varanus salvator ssp.」と言います。

 

今回はサルファモニターについてのポイント、

①サルファモニターの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②サルファモニターの生息地はどこなの?
③サルファモニターが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④サルファモニターの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
⑤サルファモニターの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑥サルファモニターの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

以上6つの点についてお伝えします。

それでは、サルファモニターの写真を見ていきましょう!

 

サルファモニターの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

BUNKYORO👩🏻‍🦰(@bunkyoro)がシェアした投稿

サルファモニターは、サルバトールモニターの亜種であり、地域個体群と言われています。

 

体色や柄は個体によって様々で、見た目がサルバトールモニターとまったく同じに見えるものもいるようです。

また、単為生殖をすることでも知られており、雌個体のみで卵を産み子孫を作ることが可能です。

 

性格もサルバトールモニターと同じで、基本的にはおとなしい性格をしています。

ただ、用心深いところもあり、人に慣れさせるにはかなりの訓練を要するようです。

 

次はサルファモニターの生息地をお伝えします!

 

サルファモニターの生息地はどこなの?

 

サルファモニターは地域個体群ということもあり、サルバトールモニターと同じ生息域です。

 

インドネシアなど東南アジアにかけて広く分布しており、原生林やマングローブ林などの樹林域をその棲家としています。

ミズオオトカゲの亜種ということで、水辺に生息していることが多く、泳ぎや潜水も得意です。

 

次にサルファモニターの大きさと寿命をお伝えします!

 

サルファモニターが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

サルファモニターは成体になると、平均全長が160~200cmと言われています。

また、非常に大型の種類で、最大で全長が250cmまで成長したという記録も残っています。

 

サルファモニターの寿命は10年から15年程度です。

最長で25年ほど生きることができると言われています。

 

次はサルファモニターの飼育(飼い方)方法をお伝えします!

 

サルファモニターの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

基本的には、ミズオオトカゲと一緒で、全長1メートル程度までは市販のケージで十分飼育は可能です。

成体になるとかなり大きく成長するので、最終的には180cm以上の飼育ケースを準備するといいでしょう。

 

生息域が東南アジアということで、飼育環境を高温多湿に維持する必要があります。

 

温度は、室温は26℃に維持して、ホットスポットを31℃から33℃にしておきます。

バスキングスポットは、45℃から50℃まで上げておきましょう。

 

さらに、昼行性のトカゲには紫外線は必須ですので、紫外線ライトも準備してあげましょう。

 

次にサルファモニターの餌と量、与え方をお伝えします!

 

サルファモニターの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

野生下でのミズオオトカゲは昆虫を中心に魚や甲殻類,カエルやヘビ,鶏の子供に卵など基本的になんでも食べます。

 

コオロギを中心にデュビアや時折小魚や鶏のササミなどを与えるのがいいでしょう。

また、全長が1メートルを超えてきたら、魚や甲殻類,鶏のハツやレバーなども与えてください。

 

次はサルファモニターの販売価格や値段をお伝えします!

 

サルファモニターの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

サルファモニターは、大きさや柄によって値段にも差が出てきます。

 

およそ30万円前後で販売している固体が多いですが、小さいものだと15万円から。

大きいものだと、60万円以上の値段で販売されている個体もあるそうです。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

サルファモニターのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①サルファモニターの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

サルファモニターは、サルバトールモニターの亜種であり、地域個体群と言われています。

体色や柄は個体によって様々で、見た目がサルバトールモニターとまったく同じに見えるものもいるようです。

また、単為生殖をすることでも知られており、雌個体のみで卵を産み子孫を作ることが可能です。

 

②サルファモニターの生息地はどこなの?

サルファモニターは地域個体群ということもあり、サルバトールモニターと同じ生息域です。

東南アジアやインドネシアにかけて広く分布しており、原生林やマングローブ林などに樹林域をその棲家としています。

また、水辺に生息していることが多く、泳ぎや潜水も得意です。

 

③サルファモニターが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

サルファモニターは地域個体群ということもあり、サルバトールモニターと同じ生息域です。

インドネシアなど東南アジアにかけて広く分布しており、原生林やマングローブ林などの樹林域をその棲家としています。

ミズオオトカゲの亜種ということで、水辺に生息していることが多く、泳ぎや潜水も得意です。

 

④サルファモニターの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

基本的には、ミズオオトカゲと一緒で、全長1メートル程度までは市販のケージで十分飼育は可能です。

成体になるとかなり大きく成長するので、最終的には180cm以上の飼育ケースを準備するといいでしょう。

生息域が東南アジアということで、飼育環境を高温多湿に維持する必要があります。

温度は、室温は26℃に維持して、ホットスポットを31℃から33℃にしておきます。

バスキングスポットは、45℃から50℃まで上げておきましょう。

 

⑤サルファモニターの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

野生下でのミズオオトカゲは昆虫を中心に魚や甲殻類,カエルやヘビ,鶏の子供に卵など基本的になんでも食べます。

コオロギを中心にデュビアや時折小魚や鶏のササミなどを与えるのが良いと思われます。

また、全長が1メートルを超えてきたら、魚や甲殻類,鶏のハツやレバーなども与えるのも良いでしょう。

 

⑥サルファモニターの販売価格や値段はどれくらいなの?

サルファモニターは、大きさや柄によって値段にも差が出てきます。

およそ30万円前後で販売している固体が多いですが、小さいものだと15万円から。

大きいものだと、60万円以上の値段で販売されている個体もあるそうです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)