【アンボンアオジタトカゲの生態!】飼育方法や値段等8個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

本日は、アンボンアオジタトカゲの生態についてまとめていきたいと思います。

 

ちなみに英語の名前では、「Indonesian Blue-Tongued Skink」と呼ばれます。

また、「Tiliqua gigas gigas」と呼ばれることもあるそうですが、こちらは学名ですね。

 

この記事では、以下のポイントに絞ってアンボンアオジタトカゲの生態を探っていきたいと思います。

①アンボンアオジタトカゲの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②アンボンアオジタトカゲの生息地はどこなの?
③アンボンアオジタトカゲが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④アンボンアオジタトカゲの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
⑤アンボンアオジタトカゲの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑥アンボンアオジタトカゲがかかりうる病気は?対策方法も!
⑦アンボンアオジタトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?
⑧アンボンアオジタトカゲの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

以上8つの点についてお伝えします。

それでは、アンボンアオジタトカゲの特徴から詳しくお伝えしますね。

 

アンボンアオジタトカゲの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

アンボンアオジタトカゲは、インドネシアからニューギニアなど様々な地域に分布するオオアオジダトカゲの基亜種です。

やや細い体形をしており、黒色の四肢をもつ個体が多いのが特徴的です。

目の後ろは基本的に黒のラインが入っており、細く不明瞭で、背面には灰色地に黒色から赤色のバンドが入ります。

 

体色には変異が見られるため、見分けるのは慣れないと難しいようです。

アンボンアオジタトカゲは、雑食性で飼育しやすいのも特徴です。

 

次は、アンボンアオジタトカゲの生息地についてお伝えしますね。

 

アンボンアオジタトカゲの生息地はどこなの?

 

アンボンアオジタトカゲは、インドネシアに広く生息しています。

また、アンボンアオジタトカゲには生息地の違いで呼び名が変わるようです。

 

ニューギニア島に分布するアオジタトカゲは、インドネシアアオジタトカゲと呼ばれ、海諸島、あるー初頭に分布するアオジタトカゲは、カイアオジタトカゲと呼ばれるようです。

 

オーストラリアに生息する個体と比較すると、多湿環境を好んだり、少し気が荒かったりと、異なる点もあるそうです。

次は、アンボンアオジタトカゲの最大サイズと寿命についてお伝えしますね。

 

アンボンアオジタトカゲが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

アンボンアオジタトカゲは、種によって変わりますが、大体の個体が約40~70cmに成長するようです。

寿命は約20年です。

 

サイズも小柄で、わりと長生きするので爬虫類ファンからは人気を集めているようです。

また、比較的飼育しやすいのも人気の理由でしょう。

 

次は、アンボンアオジタトカゲの飼育方法についてお伝えしますね。

 

アンボンアオジタトカゲの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

爬虫類専用ケージで飼育しますが、サイズが横90cmのものの利用をおススメします。

 

奥行きは45cmほどあればいいでしょう。

小型の個体であれば60cmの水槽などを利用するのもいいと思います。

 

次は、アンボンアオジタトカゲの餌の与え方についてお伝えしますね。

 

アンボンアオジタトカゲの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 


アンボンアオジタトカゲは、雑食性です。

主に野菜や昆虫類を食べますが、果物なども食べます。

 

主食で野菜や果物を与えて、昆虫などはたまにおやつで与えるといいでしょう。

 

餌を与えるときには、適度にカルシウム剤を塗布して与えましょう。

 

餌は毎日与えますが、量などは個体の様子を観察しながら与えるようにしましょう。

食後は、体を温めないと消化不良などになることもあるので、就寝3時間以上前に与えてください。

 

次は、アンボンアオジタトカゲの病気や対策方法についてお伝えしますね。

 

アンボンアオジタトカゲがかかりうる病気は?対策方法も!

 

トカゲの病気で多いのが、クル病です。

 

トカゲの病気では代表的と言ってもいいでしょう。

クル病は、骨が柔らかくなり、背骨が曲がるなどの変形を起こす病気です。

 

原因に挙げられるのは、ビタミンD3の不足、カルシウム不足です。

 

症状が出ると手遅れになることが多い病気ですので、日ごろから餌などに気を付けて予防することが大事です。

また、紫外線量不足でもクル病につ上がることがありますので、爬虫類用紫外線ライトなどで供給することも忘れずに行いましょう。

 

自然の日光浴も適度に行うことをおススメします。

ただし、日光浴をする場合は、トカゲが日陰に隠れるようなしぐさをする場合は、すぐに日光浴を終わりましょう。

 

熱射病もトカゲの重篤な死因の原因になります。

日光浴をする際には付きっ切りの観察をしましょう。

 

次は、アンボンアオジタトカゲの繁殖や産卵の時期についてお伝えしますね。

 

アンボンアオジタトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

 

トカゲ類の繁殖時期は、冬眠明けとされているようですので、冬眠前にはしっかり栄養を与えましょう。

 

アンボンアオジタトカゲは、基本的にオスメスは個別に飼育し、暗色時期になると同居させるほうがいいようです。

また、アンボンアオジタトカゲのオスメスの判断は素人では難しいので、プロの方に任せましょう。

 

アオジタトカゲの特徴として、単独行動を好む習性があるので、同種同士の飼育は縄張り争いなどの争いでけがをすることがあるそうです。

繁殖期も同様なことが起こる可能性がありますので、しっかりと観察をし、管理を行いましょう。

 

次は、アンボンアオジタトカゲの販売価格や値段についてお伝えしますね。

 

アンボンアオジタトカゲの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

アンボンアオジタトカゲは、ノーマルタイプで5000~30000円程度で販売されています。

アルビノ個体などの珍しい模様をまとったものになると、10万円近くまで値段が上がることもあるそうです。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

アンボンアオジタトカゲのまとめ!

 

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アンボンアオジタトカゲの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

アンボンアオジタトカゲは、インドネシアからニューギニアなど様々な地域に分布するオオアオジダトカゲの基亜種です。

やや細い体形をしており、黒色の四肢をもつ個体が多いのが特徴的です。

体色には変異が見られるため、見分けるのは慣れないと難しいようです。

アンボンアオジタトカゲは、雑食性で飼育しやすいのも特徴です。

 

②アンボンアオジタトカゲの生息地はどこなの?

アンボンアオジタトカゲは、インドネシアに広く生息しています。

アンボンアオジタトカゲには生息地の違いで呼び名が変わるようです。

ニューギニア島に分布するアオジタトカゲは、インドネシアアオジタトカゲと呼ばれ、海諸島、あるー初頭に分布するアオジタトカゲは、カイアオジタトカゲと呼ばれるようです。

 

③アンボンアオジタトカゲが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

アンボンアオジタトカゲは、種によって変わりますが、大体の個体が約40~70cmに成長するようです。

寿命は約20年です。

 

④アンボンアオジタトカゲの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

爬虫類専用ケージで飼育しますが、サイズが横90cmのものの利用をおススメします。

奥行きは45cmほどあればいいでしょう。

小型の個体であれば60cmの水槽などを利用するのもいいと思います。

 

⑤アンボンアオジタトカゲの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

アンボンアオジタトカゲは、雑食性です。

主に野菜や昆虫類を食べますが、果物なども食べます。

餌を与えるときには、適度にカルシウム剤を塗布して与えましょう。

食後は、体を温めないと消化不良などになることもあるので、就寝3時間以上前に与えてください。

 

⑥アンボンアオジタトカゲがかかりうる病気は?対策方法も!

トカゲの病気で多いのが、クル病です。

クル病は、骨が柔らかくなり、背骨が曲がるなどの変形を起こす病気です。

原因に挙げられるのは、ビタミンD3の不足、カルシウム不足です。

日光浴も大事ですが、熱射病の危険性も考えられますので、日光浴の際には付きっ切りでの監視を行いましょう。

 

⑦アンボンアオジタトカゲの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

トカゲ類の繁殖時期は、冬眠明けとされているようですので、冬眠前にはしっかり栄養を与えましょう。

また、アンボンアオジタトカゲのオスメスの判断は素人では難しいので、プロの方に任せましょう。

アオジタトカゲの特徴として、単独行動を好む習性があるので、同種同士の飼育は縄張り争いなどの争いでけがをすることがあるそうです。

繁殖期も同様なことが起こる可能性がありますので、しっかりと観察をし、管理を行いましょう。

 

⑧アンボンアオジタトカゲの販売価格や値段はどれくらいなの?

アンボンアオジタトカゲは、ノーマルタイプで5000~30000円程度で販売されています。

アルビノ個体などの珍しい模様をまとったものになると、10万円近くまで値段が上がることもあるそうです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)