【オオアナコンダ】の生態!最大の大きさや値段等7つのポイント!




 

みなさんこんにちは。

本日は、オオアナコンダの生態についてまとめていきたいと思います。

 

ちなみに英語の名前では「Green anaconda」と呼ばれます。

また、Eunectes muriusとも呼ばれることもあるそうですが、こちらは学名ですね。

 

この記事では以下のポイントに絞ってオオアナコンダの生態を探っていきたいと思います。

 

①オオアナコンダの写真(画像)!特徴や性格は?ペットにできるの?
②オオアナコンダの生息地はどこなの?
③オオアナコンダの天敵はなに?オオアナコンダが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④オオアナコンダの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
⑤オオアナコンダの餌と量はどうする?
⑥オオアナコンダの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?
⑦オオアナコンダの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

それでは、オオアナコンダの特徴からお伝えしますね!

 

オオアナコンダの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?ペットにできるの?

 

オオアナコンダは、爬虫綱有隣目ボア科アナコンダ属に分類されます。

 

オオアナコンダの一番の特徴は体の大きさです。

オオアナコンダはアミメニシキヘビと並んで世界で一番大きいヘビです。

 

 

こちらがオオアナコンダの写真です。

外見は茶色や黒の斑点の模様があります。

 

性格ですが、気性が荒い性格となっています。

 

そんなオオアナコンダですが、何を食べているでしょうか?

基本的には、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類を食べます。

カイマンやジャガー、バク、シカなどといった大型動物の捕食が確認された例も確認されています。

 

オオアナコンダはペットとして飼育することができます。

しかし、動物愛護法によって特定動物に指定されているため、ペットとして飼育したい場合には地方自治体の許可が必要です。

 

また、オオアナコンダは低温や乾燥が苦手です。乾燥が苦手なため基本的に水中で生活しています。

 

では、オオアナコンダはどこに生息しているのでしょうか?

次にオオアナコンダの生息地についてお伝えします!

 

オオアナコンダの生息地はどこなの?

 

オオアナコンダの生息地(分布)は、南アメリカ大陸北部やアマゾン川流域と熱帯雨林の一部の狭い地域に分布しています。

 

日本には生息していません。

なので、ペットとして飼育するときは輸入する必要があります。

 

次は、オオアナコンダの天敵をお伝えします!

 

オオアナコンダの天敵はなに?

 

オオアナコンダは、大きいので天敵がいないのでは?と思うかもしれません。

しかし、オオアナコンダを食べる動物がいるのです。

 

それは、ジャガーやワニの1種であるカイマンです。

アナコンダはジャガーやカイマンを食べますが、逆に食べられてしまうこともあります。

 

次は、オオアナコンダの成長と寿命をお伝えします!

 

オオアナコンダが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

オオアナコンダは世界最大のヘビなのでかなりの大きさに成長します。

 

その大きさはなんと最大10m、体重400kgにまで成長します。

10mというのはビルの高さで3階に相当します。

 

そんなオオアナコンダの寿命ですが、平均10年となっています。

確認された中で最も長生きしたものは30年だそうです。

 

次に、オオアナコンダの飼育方法をお伝えします!

 

オオアナコンダの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

オオアナコンダは最長10mまで成長するので家で飼育するのは難しいです。

 

そんな風に思われがちですが、小さいものだと最大6mなので飼育することができます。

飼育するときは、地方自治体の許可を必ず取りましょう。

 

飼育ケースですが、オオアナコンダは力が強いのでなるべく頑丈な飼育ケースを選びましょう。

 

また、オオアナコンダのサイズも大きいので畳6畳以上の広さのケースが必要となります。

 

オオアナコンダは水中での生活が好きなので、飼育ケースの中には体が入るプールを設置しましょう。

また、オオアナコンダは低温と乾燥に弱いのでヒーターを置いて温度を26℃~30℃程度にしておきましょう。

 

それでは次は、オオアナコンダの餌をお伝えします!

 

オオアナコンダの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

オオアナコンダの餌は、マウスや豚、鶏など簡単に手に入るもので大丈夫です。

 

餌はオオアナコンダが飲み込める大きさにしましょう。

餌のサイズによっては食べてくれなくなることがあるので餌をあげるときに調整が必要です。

 

餌を毎日あげる必要はありません。

様子を見て必要そうなら餌をあげましょう。

近づいたときに舌を出したら餌やりのタイミングです。

 

オオアナコンダは、基本的に水中で生活しています。

 

なので餌をあげるときは水中に餌を置いておけば食べてくれます。

脱皮の前は、エネルギーが必要で、拒食することがあるので餌をあげないようにしましょう。

 

次は、オオアナコンダの性別の見分け方をお伝えします!

 

オオアナコンダの性別雌雄(メスオス)の見分け方は?

 

オオアナコンダの性別が雄か雌かを見分けるのは簡単です。

 

体の大きさで性別を見分けることができます。

体の大きい方が雌で、小さい方が雄となります。

 

次に、オオアナコンダがかかる病気について説明します。

 

オオアナコンダがかかりうる病気は?対策方法も!

 

オオアナコンダは、マウスロットや脱皮不全、クリプトスポリジウム感染症にかかる可能性があります。

 

マウスロットは細菌感染によって発生します。

口内に膿ができて病気が進むと顎や頭部の腫れや視力障碍、歯牙の欠落といった症状が出ます。

 

マウスロットになった場合は、口内の膿を除去して消毒液で洗浄をします。

抗生物質やビタミン剤をあたえましょう。

 

脱皮不全は、脱皮がうまくいかず古い皮が残って血行の悪化や感傷にかかりやすくなる状態を言います。

脱皮不全になった場合は、霧吹きを使い皮を湿らせて古い皮を取り除きましょう。

 

クリプトスポリジウム感染症は、消化器系のトラブルによって起きます。

症状としては、食欲がなかったり食べたエサを吐いたりします。

 

このような症状が出たらすぐに動物病院に行きましょう。

 

次は、オオアナコンダの繁殖や産卵についてお伝えします!

 

オオアナコンダの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

 

 

オオアナコンダは4月から5月に繁殖し始めます。

 

オオアナコンダの雄が雌に近寄って繁殖します。

2週間から4週間もの間、何匹もの雄が雌を奪い合います。

 

そして、勝った雄のオオアナコンダが雌と交尾します。

 

オオアナコンダの妊娠期間は約6か月となっています。

6か月の期間を経て子供を産みます。

一回の妊娠で20~40匹の子供を産みます。

 

では、オオアナコンダの販売価格はどうなっているのでしょうか?

次は、オオアナコンダの値段をお伝えします!

 

オオアナコンダの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

オオアナコンダの販売価格はサイズによって異なります。

 

1mのオオアナコンダで約140,000円で購入することができます。

生息地が狭く、輸入しなくてはならないので高くなってしまいます。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

オオアナコンダのまとめ!

 

さて、今回はアカウミガメについて7つのポイントをお伝えしました。

覚えているでしょうか?

 

一つずつ振り返っていきましょう!

 

①オオアナコンダの写真(画像)!特徴や性格は?ペットにできるの?

オオアナコンダは、世界で一番大きいヘビで、気性の荒い性格です。

動物愛護法によって特別動物に指定されているので地方自治体の許可を取ることができたらペットにできます。


②オオアナコンダの生息地はどこなの?

オオアナコンダは、南アメリカ北部やアマゾン川流域に生息しています。


③オオアナコンダの天敵はなに?オオアナコンダが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

オオアナコンダの天敵はジャガーやカイマンになります。

最大で体長10m体重400kgにまで成長します。

寿命は平均10年です。

寿命の長いオオアナコンダは30年も生きます。


④オオアナコンダの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

オオアナコンダは体が大きく力が強いので畳6畳以上の広さの確保と頑丈なケースが必要です。

また、オオアナコンダは基本的に水中で生活するのでプールをケース内に置きましょう。


⑤オオアナコンダの餌と量はどうする?

オオアナコンダの餌は、マウスや鶏などになります。

餌の量はオオアナコンダの様子を見て調整しましょう。


⑥オオアナコンダの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

オオアナコンダは4月から5月に繁殖を始め、6か月後に産卵します。

一度に20匹から40匹を産みます。


⑦オオアナコンダの販売価格や値段はどれくらいなの?

オオアナコンダは体長で値段が変化します。

輸入しなくてはならないので少し値段が高くなります。

1mのオオアナコンダで約14万円となります。

 

それでは今回は、これで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)