オリーブパイソンの生態!飼育方法や価格等7つのポイント!








 

みなさんこんにちは。

本日は、オリーブパイソンの生態についてまとめていきたいと思います。

 

ちなみに英語の名前では、日本語と同じく「Olive python」と呼ばれます。

また、Liasis olivaceusと呼ばれることもあるそうですが、こちらは学名ですね。

 

この記事では、以下のポイントに絞ってオリーブパイソンの生態を探っていきたいと思います。

①オリーブパイソンの写真(画像)!なつくの?
②オリーブパイソンの生息地はどこなの?
③オリーブパイソンが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④はオリーブパイソンの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
⑤オリーブパイソンの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑥オリーブパイソンの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?
⑦オリーブパイソンの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

それでは、オリーブパイソンの特徴からお伝えしますね!

 

オリーブパイソンの写真(画像)!なつくの?

 

 

こちらがオリーブパイソンの写真になります。

 

オリーブによく似た色をしているのが特徴ですね。

この見た目からオリーブパイソンという名前が付けられました。

 

また、性格はおとなしい性格をしています。

なので、飼育するときに噛まれる心配はなく、安心して飼育できますね。

 

しかし、その性格のためになつくまで約1ヶ月かかります。

なつくまで根気強く飼育しましょう!

 

次に、オリーブパイソンの生息地(分布)についてお伝えします!

 

オリーブパイソンの生息地はどこなの?

 

オリーブパイソンの生息地(分布)は、オーストラリアに分布しています。

オリーブパイソンはオーストラリアにのみ生息している珍しいヘビですね。

 

次は、オリーブパイソンが成体になった時の最大サイズと寿命についてお伝えします!

 

オリーブパイソンが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

オリーブパイソンは成体になると最小2.5mから最大4.5mにまで大きくなります。

 

ほかのヘビと比べると大型のヘビになりますね。

大体のオリーブパイソンは3mほどの体長になります。

 

そんなオリーブパイソンの寿命は、約30年となります。

 

次に、オリーブパイソンの飼育方法についてお伝えします!

 

オリーブパイソンの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

 

 

 

 

 

 

 

オリーブパイソンの飼育には、ケージやヒーター、温度計そして水入れが必要です。

 

オリーブパイソンは最大で4mにもなるので大きいケージを選びましょう。

サイズは120cm×50cmほどのケージで十分です。

 

オリーブパイソンの最適温度は25℃から30℃になります。

最適温度を維持するためにヒーターや温度計が必要となります。

ヒーターはパネルヒーターで十分ですね。

 

水入れはオリーブパイソンの体が入るサイズのものを用意しましょう。

基本的には、ケージに入るサイズで大きいものを選ぶのがいいです。

 

次は、オリーブパイソンの餌についてお伝えします!

 

オリーブパイソンの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

オリーブパイソンの餌は冷凍マウスやラットをあげましょう。

 

サイズがまだ小さいときには冷凍マウス、サイズが大きくなったらラットに変えましょう。

また、冷凍マウスを与えるときは2,3日に1回、冷凍ラットのときは2週間に1回程度あげましょう。

 

餌のサイズはオリーブパイソンの様子を見て調整してください。

 

次に、オリーブパイソンの繁殖時期や産卵時期についてお伝えします!

 

オリーブパイソンの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

 

オリーブパイソンの繁殖時期は5月から6月中旬にかけて行われ、

繁殖行動が終わってから85日ほど経過すると産卵します。

 

産卵時期は7月下旬から遅くて9月ごろまでになりますね。

 

産卵からさらに50日後に孵化します。

 

次は、オリーブパイソンの販売価格についてお伝えします!

 

オリーブパイソンの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

オリーブパイソンの販売価格は、168cmのもので約150,000円になります。

 

ほかのヘビと比べて販売価格は高いですね。

オーストラリアにしか分布していないので、輸入しなくてはならないということがこの値段になってしまいます。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

オリーブパイソンのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①オリーブパイソンの写真(画像)!なつくの?

オリーブパイソンはオリーブによく似た色をしているのが特徴です。

おとなしい性格をしていますが、なつくのには時間がかかります。

 

②オリーブパイソンの生息地はどこなの?

オリーブパイソンの生息地(分布)はオーストラリアになります。

 

③オリーブパイソンが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

オリーブパイソンは最大で4mにまで成長します。

寿命は約30年です。

 

④オリーブパイソンの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

オリーブパイソンの飼育に必要なのはケージ、ヒーター、温度計や水入れになります。

ケージは、大きいものを用意しましょう。

 

⑤オリーブパイソンの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

オリーブパイソンには冷凍マウスやラットをあげましょう。

サイズが小さいときは冷凍マウスを大きくなったらラットに変えましょう。

餌の量はオリーブパイソンの様子を見て調整してください。

 

⑥オリーブパイソンの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

オリーブパイソンの繁殖時期は5月から6月の中旬になります。

その後、85日ほど経過したら産卵します。

 

⑦オリーブパイソンの販売価格や値段はどれくらいなの?

オリーブパイソンの価格は168cmのもので約150,000円になります。

 

それでは今回は、これで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)