【ボールパイソン】の生態!飼育方法(飼い方)や毒性について等12個のポイント!




 

みなさんこんにちは。

本日は、ボールパイソンの生態についてまとめていきたいと思います。

 

ちなみに英語の名前では、「Ball Python」と呼ばれます。

また、Python regiusと呼ばれることもあるそうですが、こちらは学名ですね。

 

この記事では、以下のポイントに絞ってボールパイソンの生態を探っていきたいと思います。

①ボールパイソンの写真(画像)!特徴や性格は?ペットにできるの?
②ボールパイソンの生息地はどこなの?
③ボールパイソンが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?成長速度は?
④ボールパイソンの寿命はどれくらい?
⑤ボールパイソンの飼育(飼い方)方法は?温度や湿度はどうする?飼育ケージの選び方も!
⑥ボールパイソンの餌と量はどうする?餌やりの頻度はどうすればいい?
⑦ボールパイソンの餌代は毎月どれくらいかかる?
⑧ボールパイソンの性別の見分け方は?
⑨ボールパイソンの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?
⑩ボールパイソンに毒性はあるの?
⑪ボールパイソンの種類や品種はなにがいるの?
⑫ボールパイソンの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

それでは、ボールパイソンの特徴からお伝えしますね!

 

ボールパイソンの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

 

 

 

 

 

 

こちらがボールパイソンの写真になります。

黄色の模様が入っているのが特徴ですね。

成長していくにつれ、だんだん茶色っぽくなります。

 

性格はおとなしく臆病です。

ボールパイソンがかみついてくることはないのでペットとして飼いやすいヘビになっています。

 

臆病な性格をしているためなつくまでに時間がかかるでしょう。

なついてくれるようになるまでしっかり飼育しましょう!

 

次に、ボールパイソンの生息地についてお伝えします!

 

ボールパイソンの生息地はどこなの?

 

ボールパイソンの生息地(分布)としては、セネガルやギニアそしてナイジェリアなどのサハラ砂漠より南の西アフリカから中央アフリカとなります。

ボールパイソンの生息地は広く分布していますね。

 

次は、ポールパイソンの最大サイズと成長速度についてお伝えます!

 

ボールパイソンが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?成長速度は?

 

ボールパイソンは成体になると全長は最大で1.5m、体重は最大2.5㎏にまで成長します。

 

意外と小さいですね。

体長は、雌の方が大きく雄の方が小さいです。

 

次に、ボールパイソンの寿命についてお伝えします!

 

ボールパイソンの寿命はどれくらい?

 

ボールパイソンの寿命は30年になります。

ほかのヘビに比べ寿命が長いですね。

 

次は、ボールパイソンの飼育方法についてお伝えします!

 

ボールパイソンの飼育(飼い方)方法は?温度や湿度はどうする?飼育ケージの選び方も!

 

ボールパイソンの飼育にはケージやヒーター、水容器そして温度計や湿度計が必要になります。

 

ケージはボールパイソンのサイズに合わせたゲージを用意しましょう。

成体時のサイズは最大で1.5mなので大きいケージである必要はありません。

しかし、力が強いので頑丈なケージを選びましょう。

また、ボールパイソンは高温を好みます。

ケージ内は低くても28℃から30℃を保つよう調整しておきましょう。

そのためにもヒーターが必要になります。

 

ボールパイソンが好む湿度は40%から60%になります。

飲み水用の水入れがあれば湿度の条件は満たすことができます。

ケージ内の温度や湿度を確認するために温度計と湿度計は必須ですね。

 

次は、ボールパイソンの餌と量についてお伝えします!

 

ボールパイソンの餌と量はどうする?餌やりの頻度はどうすればいい?

 

ボールパイソンの餌は冷凍マウスをあげれば大丈夫です。

餌のサイズはボールパイソンに合わせたサイズにしましょう。

 

餌を与える頻度はボールパイソンの様子を見て決めましょう。

食べれるときは自然と食べてくれます。

次は、ボールパイソンの餌代についてお伝えします!

 

ボールパイソンの餌代は毎月どれくらいかかる?

 

ボールパイソンの餌は冷凍マウスとなっています。

冷凍マウスは10匹で1500円から2500円ほどかかります。

 

なので、毎月1500円から2500円ほどかかりますね。

意外と安いですね!

 

次に、ボールパイソンの性別の見分け方についてお伝えします!

 

ボールパイソンの性別の見分け方は?

 

ボールパイソンの性別を判断するには体長を比べてみましょう。

体の大きい方が雌、小さい方が雄となります。

 

正しく性別を見分けたいのであればペットショップで確認してもらいましょう!

 

次に、ボールパイソンの繁殖の時期や産卵の時期についてお伝えします!

 

ボールパイソンの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

 

ボールパイソンの繁殖時期・産卵時期は秋から冬となります。

 

必ずしも秋から冬にかけて繁殖行動をするのではなく、一年のうちいつでも繁殖する可能性があります。

秋から冬のときに繁殖しなくても焦らないようにしましょう!

 

次に、ボールパイソンの毒性についてお伝えします!

 

ボールパイソンに毒性はあるの?

 

ボールパイソンを飼育するうえで気になるのが毒をもっているかどうかですよね。

 

ボールパイソンに毒性はありません!

なので、ペットとして飼いやすいですね。

 

次は、ボールパイソンの種類や品種についてお伝えします!

 

ボールパイソンの種類や品種はなにがいるの?

 

 

 

 

 

 

 

ボールパイソンにはアルビノやアザンティック、ゴースト、スパイダー、ピンストラップ、シナモンなど様々な種類がいます。

数多くのボールパイソンがあるのでペットとして飼うときは悩みますね。

 

次に、ボールパイソンの販売価格についてお伝えします!

 

ボールパイソンの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

ボールパイソンは、安くて約5,000円から購入することができます。

 

アルビノなど珍しい品種だと10万円を超える値段になります。

やはり種類によって値段が変動しますね。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

ボールパイソンのまとめ!

 

さて、今回はボールパイソンについて12個のポイントをお伝えしました。覚えているでしょうか?

一つずつ振り返っていきましょう!

 

①ボールパイソンの写真(画像)!特徴や性格は?ペットにできるの?

ボールパイソンは黄色の模様が入っているのが特徴です。

おとなしく臆病な性格をしています。

ボールパイソンはペットにしやすいヘビになっています。

 

②ボールパイソンの生息地はどこなの?

ボールパイソンはサハラ砂漠より南の西アフリカや中央アフリカが生息地(分布)になります。

 

③ボールパイソンが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?成長速度は?

ボールパイソンは、成体になると体長が1.5m体重が2.5mにまで成長します。

成長速度はほかのヘビと比べ早いですね。

 

④ボールパイソンの寿命はどれくらい?

ボールパイソンの寿命は約30年です。

 

⑤ボールパイソンの飼育(飼い方)方法は?温度や湿度はどうする?飼育ケージの選び方も!

ボールパイソンを飼育するときにはケージと水入れ、ヒーターそして温度計や湿度計を用意しましょう。

最適な温度は28℃から30℃、湿度は40%から60%です。

 

⑥ボールパイソンの餌と量はどうする?餌やりの頻度はどうすればいい?

ボールパイソンに与える餌は冷凍マウスを要しましょう。

餌の量や頻度はボールパイソンの様子をみて調整しましょう。

 

⑦ボールパイソンの餌代は毎月どれくらいかかる?

ボールパイソンの餌である冷凍マウスは10匹で1500円から2500円です。

なので餌代は毎月1,500円から2,500円かかります。

 

⑧ボールパイソンの性別の見分け方は?

ボールパイソンは体の大きい方が雌で小さい方が雄になります。

 

ボールパイソンの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

ボールパイソンの繁殖時期は秋から冬になります。

 

ボールパイソンに毒性はあるの?

ボールパイソンに毒性はありません。

 

ボールパイソンの種類や品種はなにがいるの?

ボールパイソンにはアルビノやアザンティック、ゴースト、スパイダー、ピンストラップ、シナモンなど様々な種類がいます。

 

⑫ボールパイソンの販売価格や値段はどれくらいなの?

ボールパイソンの価格は安くて5,000円高いもので10万円ほどで販売されています。

 

それでは今回は、これで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)