【ボルネオカワガメのまとめ!】飼育方法や販売価格等7個のポイント!




 

みなさんこんにちは。

本日は、ボルネオカワガメの生態についてまとめていきたいと思います。

 

ボルネオカワガメとは、爬虫綱カメ目イシガメ科ボルネオカワガメ属に分類されるカメです。

ボルネオカワガメ属はこの種類のみで構成され、学名を「Orlitia borneensis」と言います。

 

英名では「Malaysian giant turtle」といい、直訳すると「マレーシアの巨大なカメ」。

ボルネオカワガメの特徴をよくとらえた名前、というか特徴そのままですね。

 

今回はボルネオカワガメについてのポイント、

①ボルネオカワガメの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?
②ボルネオカワガメの生息地はどこなの?
③ボルネオカワガメが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?
④ボルネオカワガメの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!
⑤ボルネオカワガメの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?
⑥ボルネオカワガメの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?
⑦ボルネオカワガメの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

以上7個の点についてお伝えします。

それでは、ボルネオカワガメの写真を見ていきましょう!

 

ボルネオカワガメの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

 

 

ボルネオカワガメは、甲羅からくりっとした愛らしい目の色まで真っ黒な色が特徴。

日本にはペットとして飼育するために輸入されていますが、生息地や中国では食用とされることもあります。

 

ボルネオカワガメは、土地開発による生息地の破壊や水質汚染、食用の乱獲などによる影響で数が減少。

元々流通量は多くなかったうえに、2003年に絶滅のおそれのある動物としてワシントン条約に掲載されたことでさらに激減しました

現在では、ペットショップで見かける機会も減っています。

 

背甲は、黒色から黒に近い暗褐色をしていて斑紋はありません。

腹甲は薄い茶色からクリーム色で、斑紋はこちらにもありません。

色から模様に至るまで大きな特徴がないことが、特徴とも言えます。

 

次は、ボルネオカワガメの生息地はどこなのかをお伝えします。

 

ボルネオカワガメの生息地はどこなの?

 

ボルネオカワガメはインドネシアマレーシアなど東南アジアの一部に分布しています。

以前は、シンガポールにも分布したようですが、既に絶滅してしまい現在は分布していません。

 

基本的に水の中に棲んでいて、主になどに生息しています。

 

次に、ボルネオカワガメが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長するのかをお伝えします。

 

ボルネオカワガメが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

 

ボルネオカワガメは、イシガメ科最大の種類と言われており、最大甲長80cmまで成長します。

 

飼育環境下でも50cmを超えることが多く、非常に大きなカメと言えますね。

一般的な家庭では大きくなりすぎて、飼えなくなってしまうこともあります

 

次に、ボルネオカワガメの飼育(飼い方)方法をお伝えします。

 

ボルネオカワガメの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

 

ボルネオカワガメの飼育には、体長の3倍ほどの大きさで60~120cmほどの飼育ケースを準備します。

成長するとかなり大きくなるため、最終的には数メートルの大きな飼育ケースやそれに準ずる環境を準備する必要があります。

 

生息地のインドネシアやマレーシアは、熱帯性の蒸し暑い気候です。

ボルネオカワガメは温度の低下に弱いため、温度管理や湿度管理をしていく必要があります。

ホットスポットや、紫外線ライトも必ず準備してください。

 

また、ボルネオカワガメは水中を泳ぎ回るため、水深を深めにとります。

もちろん陸地も用意し、休憩できる場所を確保してくださいね。

特にボルネオカワガメは肌荒れしやすいので、時々強制的に水から出して、皮膚を乾燥させてあげましょう。

 

次に、ボルネオカワガメの餌と量はどうするのかをお伝えします。

 

ボルネオカワガメの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

 

ボルネオカワガメは、雑食で植物性の物も動物性の物も食べます。

 

餌を与える場合も、動物性のもの植物性のものどちらも食べますよ。

しかし、手間やコストのことを考えて水生カメ用の配合飼料を与えても大丈夫です。

 

ボルネオカワガメはカルシウムやビタミンが不足するなど栄養バランスが悪いと、甲羅が変形することがあります。

栄養バランスがとれたフードを与えるように注意してあげてください。

 

次に、ボルネオカワガメの繁殖の時期や産卵の時期はいつなのかをお伝えします。

 

ボルネオカワガメの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

 

ボルネオカワガメは卵生で、川岸の土手や中洲などに1回12~15個ほどの卵を産みます。

 

卵は、縦8cmほどの大型

繁殖期についてはよく分かっていませんが、多くの個体は年に1~2回産卵します。

 

最後に、ボルネオカワガメの販売価格や値段はどれくらいなのかをお伝えします。

 

ボルネオカワガメの販売価格や値段はどれくらいなの?

 

ボルネオカワガメは、近年流通量が激減しているため、ペットショップで見かけることもあまりありません。

ボルネオカワガメを飼いたいと考えている人は、常にアンテナを張っておいた方がよさそうですね。

 

その希少価値から値段も高めに設定されており、1匹10万円程の値段が付いています。

 

さらに、きちんと飼育するだけの環境を整えるのにもスペースと金額が必要になります。

とっても貴重なカメですので、心して飼うようにしましょう

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

ボルネオカワガメのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ボルネオカワガメの写真(画像)!特徴や性格は?なつくの?

ボルネオカワガメは、甲羅からくりっとした愛らしい目の色まで真っ黒な色が特徴。

日本にはペットとして飼育するために輸入されていますが、生息地や中国では食用とされることもあります。

ボルネオカワガメは、土地開発による生息地の破壊や水質汚染、食用の乱獲などによる影響で数が減少。

元々流通量は多くなかったうえに、2003年に絶滅のおそれのある動物としてワシントン条約に掲載されたことでさらに激減しました。

現在では、ペットショップで見かける機会も減っています。

 

②ボルネオカワガメの生息地はどこなの?

ボルネオカワガメはインドネシアやマレーシアなど東南アジアの一部に分布しています。

以前は、シンガポールにも分布したようですが、既に絶滅してしまい現在は分布していません。

基本的に水の中に棲んでいて、主に川や池、湖などに生息しています。

 

③ボルネオカワガメが成体になると最大でどれくらいの大きさに成長する?寿命は?

ボルネオカワガメは、イシガメ科最大の種類と言われており、最大甲長80cmまで成長します。

飼育環境下でも50cmを超えることが多く、非常に大きなカメと言えますね。

一般的な家庭では大きくなりすぎて、飼えなくなってしまうこともあります。

 

④ボルネオカワガメの飼育(飼い方)方法は?飼育ケースの選び方も!

ボルネオカワガメの飼育には、体長の3倍ほどの大きさで60~120cmほどの飼育ケースを準備します。

成長するとかなり大きくなるため、最終的には数メートルの大きな飼育ケースやそれに準ずる環境を準備する必要があります。

生息地のインドネシアやマレーシアは、熱帯性の蒸し暑い気候です。

ボルネオカワガメは温度の低下に弱いため、温度管理や湿度管理をしていく必要があります。

ホットスポットや、紫外線ライトも必ず準備してください。

 

⑤ボルネオカワガメの餌と量はどうする?どう餌やりすればいい?

ボルネオカワガメは、雑食で植物性の物も動物性の物も食べます。

餌を与える場合も、動物性のもの植物性のものどちらも食べますよ。

しかし、手間やコストのことを考えて水生カメ用の配合飼料を与えても大丈夫です。

 

⑥ボルネオカワガメの繁殖の時期や産卵の時期はいつ?

ボルネオカワガメは卵生で、川岸の土手や中洲などに1回12~15個ほどの卵を産みます。

卵は縦8cmほどの大型で、殻は非常にもろくなっています。

繁殖期についてはよく分かっていませんが、多くの個体は年に1~2回産卵します。

 

⑦ボルネオカワガメの販売価格や値段はどれくらいなの?

ボルネオカワガメは、近年流通量が激減しているため、ペットショップで見かけることもあまりありません。

ボルネオカワガメを飼いたいと考えている人は、常にアンテナを張っておいた方がよさそうですね。

その希少価値から値段も高めに設定されており、1匹10万円程の値段が付いています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)